NEWS

カラシニコフ社がPP-19-01短機関銃とヤリーギン拳銃を用いた超実戦的な射撃訓練を公開

海外軍事 Comments(0)
通常、射撃訓練といえば紙や鉄板のターゲットに向かって撃つものであるが、先般カラシニコフ社が自社のYouTubeチャンネルで公開した実弾訓練動画では、兵士とテロリスト役が向かい合って撃ち合っており、話題となっている。
動画は海外からの視察に応じ、カラシニコフ社が実施したデモの様子を収めている。テロリストの射撃をロシア式のCQBでよく見られる防弾シールドを持ったポイントマンが防御。実際にフランシュバンを投げ込み、頭の横に取り付けられた風船を撃って割る、という危険な内容となっている。

テロリスト役の射撃も遮蔽物のまったく同じ場所に命中するなど非常に精密。さらに低光量下というストレスのかかった状況で、視野の狭いNVGやレーザーを用いてヘッドショットするなど、6月14日から7月15日までロシアで行われるワールドカップに向けて、ロシア側オペレーターの技量の高さを見せつけるものになった。

使用されている装備はかなり西側ナイズされたもの。PP-19-01短機関銃に、ネジ付き銃身、RMRドットサイト、ライトなどを装備したヤリーギン拳銃にГруппа 99(グループ99)社製の装備を身に着けている。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop