NEWS

米国立海兵隊博物館、対テロ戦争 (GWOT) 中の MARSOC にスポットを当てた装備展示を準備中

海外軍事 Comments(0)

Photo: National Museum of the Marine Corps
バージニア州トライアングルの国立海兵隊博物館 (National Museum of the Marine Corps) が、特殊部隊 MARSOC (Marine Corps Forces Special Operations Command) の装備展示に向けた準備を進めている。
2001 年 9 月 11 日に発生した、米国同時多発テロ事件を引き金とする「対テロ戦争 (GWOT: Global War on Terrorism) 」中の、MARSOC の取り組みにスポットを当てたディスプレイを構築しているとのこと。監修はもちろん、MARSOC が緊密な協力関係の下で進めている。

昨日公開された 4 つの写真は、いずれも珍しいアイテムではないが、それぞれ以下のコメントが付けられている。


Photo: National Museum of the Marine Corps

・FAST バリスティック・ヘルメット
公式には 2014 年頃から配備されている。
極めて軽量であり、夜間暗視装置やヘッドセット、IR/IFF 識別など多くのアイテムの取り付けが可能。

・モジュラー式ボディーアーマーベスト (MABV: Modular Body Armor Vest)
従来の標準製品よりも軽量に造り上げられたプレートキャリア。MARSOC では 2006 年頃から使用している。

・コンバットユニフォーム
MARSOC で使っているコンバットユニフォームは、耐火性を備えたもので、膝と肘にそれぞれ保護用のカバーを取り付けることができる。
NATO 制式採用のウッドランド迷彩を使うことで、MARSOC 隊員が戦術指南などの任務で派遣された際に、違和感ないような配慮となっている。

・コンバットナイフ
ベンチメイド (Benchmade) 製ニムラバス (Nimravus) ナイフは付属のシースと共にモールシステムへの取り付けが可能。極めて軽量且つ耐久性があり、戦闘時とサバイバル目的での利用に役立てられている。


Photo: National Museum of the Marine Corps
ディプレイは、2018 年におこなわれる最終フェーズギャラリーの一環として公開が予定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop