NEWS

北朝鮮トップの排除を掲げ、米韓合同演習に初めて米海軍特殊部隊最精鋭のデブグル(ST6)が参加

海外軍事

Photo from U.S. DoD
This photo is for illustration purposes only.
韓国通信社、聯合ニュース(Yonhap News Agency)は13日、米軍との年次合同演習である「キーリゾルブ」(Key Resolve, 3月13日~24日)と「フォールイーグル」(Foal Eagle, 3月1日~4月末)に、史上初めて「米海軍特殊部隊ST6(SEAL Team 6, a.k.a. DevGru)」が参加すると報じた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    いわゆる「斬首作戦」と呼ばれる、北朝鮮トップ・金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長ら、同国戦争指導部の排除を目的とした訓練強化とみられている。

    演習にはST6の他、陸軍からレンジャーやグリーンベレーといった特殊部隊の名前が挙がっている他、陸軍最精鋭部隊であるデルタフォースの参加も報じられている。

    関連記事:
    アメリカ軍の極秘部隊「デルタフォース」と「DEVGRU」はいったい何が違うのか

    また、朝日新聞は10日付の記事で、「米海軍の特殊部隊シールズが、原子力空母カール・ビンソンに搭乗し、韓国周辺海域で演習に参加する模様だ」と伝えている。記事中のシールズが、一般シールを指すものか、トップチームであるST6を指すかは不明。

    一方の韓国軍においては、聯合ニュースが13日付で、「当初2019年の創設が予定されていた「特殊任務旅団」が2年前倒しとなり、今年12月1日付で創設される」と報じている。この特殊任務旅団は、特殊戦司令部隷下に創設され、およそ1,000人規模になるとのこと。

    まだ創設されていないこの特殊任務旅団だが、朝鮮日報(Chosun)が14日付記事で、「今回の演習に本格投入する計画だ」と報じている。

    米海軍特殊部隊ST6(SEAL Team 6, a.k.a. DevGru)とは
    バージニア州バージニアビーチのオセアーナ (Oceana) 海軍航空基地 (NAS: Naval Air Station) ダム・ネック・アネックス (Dam Neck Annex) に司令部を持つ ST6 は、対テロ作戦を主務としたエリート特殊部隊。300 名の隊員と、1,500 名の支援要員を抱え、SEAL 各チーム (所謂「一般 SEAL」) の中から選抜された精鋭戦闘員で構成されている。

    志願者は悪名高き「地獄の週間」(ヘル・ウィーク) を含む基礎水中爆破訓練 (BUD/S: Basic Underwater Demolition/Seal) などの過酷な訓練課程を経て、晴れてトライデント (三叉矛徽章) を授与されている選りすぐりの隊員だ。ST6 隊員は更にその中で選抜される為、まさにエリート中のエリート戦闘員と呼ばれるに相応しい。

    ST6 選抜とカラーコード
    通常、一般的なケースでは、SEAL 隊員として 5 年以上の経験を持つ者が その受験資格を有すると言われている。初心者マークの「グリーン」チームを経て、レッド、ブルー、ゴールドなどの「カラーコード」で呼ばれる各チームから、ちょうどプロ野球のような「ドラフト」を受ける。もちろん、配属が決まったその後も、よりリスクの高い任務に当たるべく、実戦的で過酷な訓練に携わることになる。

    カラーコードのチームとしては、アサルター (襲撃) を専門とするレッドチーム、シルバーチーム、ブルーチーム、ゴールドチームの他、ST6 メンバーの「脚」となる高速艇をはじめとする各種ヴィークルの操縦に長けた "バイキング" のグレーチームや、元来スナイパーを専門とし、その諜報活動の中では女性隊員の存在も噂されているブラックチームなどがある。

    2009 年のマースク・アラバマ号乗っ取り事件 (Maersk Alabama hijacking) でソマリア海賊の人質となったリチャード・フィリップス船長 (Captain Richard Phillips) の救出作戦や、2011 年にパキスタンのアボッタバードでおこなわれたオサマ・ビン・ラディン (Osama bin Laden) 容疑者の急襲を掲げたネプチューンスピア作戦 (Operation Neptune Spear) など、ST6 は世界 90 ヶ国に展開し、日夜ハイリスク環境下で作戦に当たっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop