NEWS

フランスが強襲揚陸艦2隻をロシアへ売却

海外軍事
フランスのサルコジ大統領は24日、ロシア向けにミストラル級の強襲揚陸艦 2隻の売却を正式に決定した事を発表した。米国、欧州諸国を中心に構成されているNATO(北大西洋条約機構)の加盟国からロシアへの強襲揚陸艦クラスの軍事兵器が売却されるのはこれが初めてとなる。

フランスがロシアへの強襲揚陸艦の売却を検討していたことが初めて報道されたのは今年7月。時期を同じくして、フランスがイギリスとの空母共有も視野に入れた検討を行っていることが報道されている。異なる国家間で空母の共有を想定することは、無論極めて異例の状況である。これには軍事費削の現実が色濃く反映し、欧州を襲った経済危機が如何に大きかったかがうかがえる。

現在のところロシアはフランスから購入する強襲揚陸艦の配置先を明らかにしていないが、ロシアの軍事的脅威に対する警戒感がとりわけ強いグルジアやバルト三国は以前より一斉に懸念の意を表明している。

同じくロシアと北方領土の問題を抱える日本にとっても決して他人事ではない状況にあるのも現実であろう。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop