NEWS

フランスが強襲揚陸艦2隻をロシアへ売却

海外軍事 Comments(0)
フランスのサルコジ大統領は24日、ロシア向けにミストラル級の強襲揚陸艦 2隻の売却を正式に決定した事を発表した。米国、欧州諸国を中心に構成されているNATO(北大西洋条約機構)の加盟国からロシアへの強襲揚陸艦クラスの軍事兵器が売却されるのはこれが初めてとなる。

フランスがロシアへの強襲揚陸艦の売却を検討していたことが初めて報道されたのは今年7月。時期を同じくして、フランスがイギリスとの空母共有も視野に入れた検討を行っていることが報道されている。異なる国家間で空母の共有を想定することは、無論極めて異例の状況である。これには軍事費削の現実が色濃く反映し、欧州を襲った経済危機が如何に大きかったかがうかがえる。

現在のところロシアはフランスから購入する強襲揚陸艦の配置先を明らかにしていないが、ロシアの軍事的脅威に対する警戒感がとりわけ強いグルジアやバルト三国は以前より一斉に懸念の意を表明している。

同じくロシアと北方領土の問題を抱える日本にとっても決して他人事ではない状況にあるのも現実であろう。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop