KACがエアソフト分野への進出に意欲か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
1月17日~20日にネバダ州ラスベガスで開催されたU.S. SHOT SHOW 2012。海外エアソフト情報サイトの "A2D" (Airsoft 2 Day) によると、SHOT SHOW 開催期間中の 19日に Magpul PTS による招待イベントがおこなわれ、銃器製造メーカー Knight's Armament Co., がエアソフト分野への進出に意欲をみせているとした記事を掲載。

しばしば取り上げられる、実銃メーカーのライセンスに関わる問題だが、A2D の記事 によると 実銃製造メーカーがエアソフト分野でレプリカ商品の製造を公認するなど、そのライセンスビジネスに意欲をみせることは、各国のエアソフトメーカーにとっても歓迎すべき動きとしいる。

昨年 9月、11月 の Knight's 公式ブログにも投稿された記事からも分かるように、今後 Knights社では、銃器に装着させるアクセサリー類だけでなく、自社ロゴを使ったTシャツやキャップといったアパレル商品にも積極的に乗り出すことになる。

Knight's Armament to enter Airsoft Market / Airsoft 2 Day
Logo from Knight's Manufacturing.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop