NEWS

米空軍、次期最新 X-Plane "X-56A" を公開

海外軍事
次期最新 HALE (High-Altitude Long Endurance:高空域長期滞空) 無人機 X-56A がベールを脱いだ。
航空専門情報サイト Aviation Week によると、米空軍が "Xプレーン" の最新無人機、"X-56A" を公開、今年末に掛けての開発スケジュールを発表した。

X-56A は、Lockeed Martin社 が過去に手掛けた P-175 Polecat, RQ-170, RQ-3 DarkStar などの UAV と同じく、クランクデルタの平面形が特徴的とし、デザイン設計は Lockheed Martin Skunk Works が担当、プロトタイプやモックアップの開発を専門とする GFMI Aerospace and Defense社 にて最終組み立てがおこなわれるとしている。

現在のところ、X-56A は 2012年 4月末に Lockeed Martin へデリバリーされ、その後 6月に Edwards AFB (エドワーズ空軍基地) へ移送される予定。7月から 9月に掛けてテスト飛行を続けた後、今年の年末までに NASA へ移すことが期待されている。

Aviation Week 2012/02/01
Image: Lockeed Martin FaceBook via Aviation Week


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop