NEWS

米空軍、次期最新 X-Plane "X-56A" を公開

海外軍事
次期最新 HALE (High-Altitude Long Endurance:高空域長期滞空) 無人機 X-56A がベールを脱いだ。
航空専門情報サイト Aviation Week によると、米空軍が "Xプレーン" の最新無人機、"X-56A" を公開、今年末に掛けての開発スケジュールを発表した。

X-56A は、Lockeed Martin社 が過去に手掛けた P-175 Polecat, RQ-170, RQ-3 DarkStar などの UAV と同じく、クランクデルタの平面形が特徴的とし、デザイン設計は Lockheed Martin Skunk Works が担当、プロトタイプやモックアップの開発を専門とする GFMI Aerospace and Defense社 にて最終組み立てがおこなわれるとしている。

現在のところ、X-56A は 2012年 4月末に Lockeed Martin へデリバリーされ、その後 6月に Edwards AFB (エドワーズ空軍基地) へ移送される予定。7月から 9月に掛けてテスト飛行を続けた後、今年の年末までに NASA へ移すことが期待されている。

Aviation Week 2012/02/01
Image: Lockeed Martin FaceBook via Aviation Week


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop