NEWS

米空軍、次期最新 X-Plane "X-56A" を公開

海外軍事
次期最新 HALE (High-Altitude Long Endurance:高空域長期滞空) 無人機 X-56A がベールを脱いだ。
航空専門情報サイト Aviation Week によると、米空軍が "Xプレーン" の最新無人機、"X-56A" を公開、今年末に掛けての開発スケジュールを発表した。

X-56A は、Lockeed Martin社 が過去に手掛けた P-175 Polecat, RQ-170, RQ-3 DarkStar などの UAV と同じく、クランクデルタの平面形が特徴的とし、デザイン設計は Lockheed Martin Skunk Works が担当、プロトタイプやモックアップの開発を専門とする GFMI Aerospace and Defense社 にて最終組み立てがおこなわれるとしている。

現在のところ、X-56A は 2012年 4月末に Lockeed Martin へデリバリーされ、その後 6月に Edwards AFB (エドワーズ空軍基地) へ移送される予定。7月から 9月に掛けてテスト飛行を続けた後、今年の年末までに NASA へ移すことが期待されている。

Aviation Week 2012/02/01
Image: Lockeed Martin FaceBook via Aviation Week

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop