NEWS

Supacat、豪特殊作戦部隊向けExtendaが優先交渉へ

海外軍事
Supacat Ltd. は、オーストラリア国防省の調達部門・DMO (Defence Materiel Organisation) が同社製の高機動車両・Extenda を優先交渉権の対象に決めたと発表した。

JP (Joint Projct) 2097 フェーズ 1B として、特殊作戦部隊向けの高機動車両を調達する案件で、調達に加えて要件定義・評価の作業を含む契約で、まず初期段階の作業に対応する契約のみを受注。調達契約は後日、別契約となる。

Supacat はすでに HMT400 を受注した実績があり、2012 年 3 月には Melbourne に拠点を置く設計サービス担当企業の Unique Solution Partners を買収して設計・エンジニアリング部門を強化している。
なお、選に漏れたのは Force Protection、Thales、General Dynamics の各社としている。

Supacat Ltd. 2012/04/17
DefenseNews 2012/04/17
Photo: HMT Extenda 6x6, from Supacat Ltd. official website gallery
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop