NEWS

米陸軍、体当たりUAV「Switchblade」に追加契約

海外軍事
AeroVironment Inc. は米陸軍 PEO MS (Program Executive Office Missiles and Space) 麾下の CCWS (Close Combat Weapons Systems) 部門から、昨年 9月 に受注していた Switchblade Agile Munition System およびその関連するエンジニアリング サービス業務、総額 490万ドル に追加で 510万ドル の契約をおこなったことを発表。総額で 1,000万ドル の案件になる、としている。

"Switchblade" は米陸軍が構想する UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) の一種で、兵士が携行する筒型の発射体から射出され、地上のオペレーターの操作により上空を遊弋 (ゆうよく) し、敵を発見するとその地へ体当たりで攻撃をおこなうというもの。

Switchblade の弾頭部分は ATK (Alliant Techsystems Inc.) が担当しており、同社では「兵士の安全を確保した遠隔地から、迅速で精確且つ決定的な攻撃を加えることができる」としている。

AeroVironment 2012/05/23 via Unmanned.co.uk
AeroVironment 2011/09/01
DefenseNews 2011/10/17
Photo : Switchblade, from AeroVironment official datasheet.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop