NEWS

米陸軍、体当たりUAV「Switchblade」に追加契約

海外軍事
AeroVironment Inc. は米陸軍 PEO MS (Program Executive Office Missiles and Space) 麾下の CCWS (Close Combat Weapons Systems) 部門から、昨年 9月 に受注していた Switchblade Agile Munition System およびその関連するエンジニアリング サービス業務、総額 490万ドル に追加で 510万ドル の契約をおこなったことを発表。総額で 1,000万ドル の案件になる、としている。

"Switchblade" は米陸軍が構想する UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) の一種で、兵士が携行する筒型の発射体から射出され、地上のオペレーターの操作により上空を遊弋 (ゆうよく) し、敵を発見するとその地へ体当たりで攻撃をおこなうというもの。

Switchblade の弾頭部分は ATK (Alliant Techsystems Inc.) が担当しており、同社では「兵士の安全を確保した遠隔地から、迅速で精確且つ決定的な攻撃を加えることができる」としている。

AeroVironment 2012/05/23 via Unmanned.co.uk
AeroVironment 2011/09/01
DefenseNews 2011/10/17
Photo : Switchblade, from AeroVironment official datasheet.



同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop