NEWS

米陸軍、体当たりUAV「Switchblade」に追加契約

海外軍事
AeroVironment Inc. は米陸軍 PEO MS (Program Executive Office Missiles and Space) 麾下の CCWS (Close Combat Weapons Systems) 部門から、昨年 9月 に受注していた Switchblade Agile Munition System およびその関連するエンジニアリング サービス業務、総額 490万ドル に追加で 510万ドル の契約をおこなったことを発表。総額で 1,000万ドル の案件になる、としている。

"Switchblade" は米陸軍が構想する UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) の一種で、兵士が携行する筒型の発射体から射出され、地上のオペレーターの操作により上空を遊弋 (ゆうよく) し、敵を発見するとその地へ体当たりで攻撃をおこなうというもの。

Switchblade の弾頭部分は ATK (Alliant Techsystems Inc.) が担当しており、同社では「兵士の安全を確保した遠隔地から、迅速で精確且つ決定的な攻撃を加えることができる」としている。

AeroVironment 2012/05/23 via Unmanned.co.uk
AeroVironment 2011/09/01
DefenseNews 2011/10/17
Photo : Switchblade, from AeroVironment official datasheet.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop