伝説のSEALスナイパー Chris Kyle著書が映画化へ

映画・テレビ
米海軍特殊部隊SEALで活躍した伝説のスナイパー Chris Kyle氏 の著書 "American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History" (2012年1月3日 発売中) を題材とした映画制作に関する話題が海外映画情報サイトで掲載中。
米国の映画俳優 Bradley Cooper氏の制作会社が初めて手掛ける作品となり、自身の主演についても注目されている。

著者の Chris Kyle氏 は、1999年~2009年に米海軍特殊部隊 SEAL Team 3 に所属した伝説のスナイパー。イラク戦争では米国防総省の公式記録として 150人 の狙撃に成功、その輝かしい実績から敵・味方両方で有名となり、イラクの武装勢力は彼を "Al-Shaitan" = "デビル" として恐れたという。その他、パーソナル・レコードとして 2,100ヤード (約 1,920m) の狙撃成功や、味方の救出に貢献したことから "Silver Stars" を 2回、"Bronze Stars" を 5回 等々といった授賞歴がある。

イラクでのスナイパーとしての活躍後、海軍特殊戦スナイパーとカウンター・スナイパーチームのインストラクターとなり、海軍特殊戦スナイパーのドクトリン(教則)を創設、海軍 SEAL スナイパーのマニュアルとなっている。

Reuters 2012/05/24
Film School Refects 2012/05/24
Amazon 2012/01/23
Military Blog News 2011/12/27


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop