NEWS

DARPA、TBIリスクを識別するブラストゲージテスト拡大

海外軍事


DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) では、爆風などによる兵士の TBI (Traumatic Brain Injury : 外傷性脳損傷) のリスクを識別するブラストゲージ (Blast Gauge : 風圧計測) のテスト拡大を発表した。

DARPA では、TBI の原因となる爆風の深刻度を計測するためにブラスト ゲージを配備する技術実証プログラム実施について 2011/6/13 に発表しており、ブラスト ゲージの装備により、爆風における圧力と加速度を計測することで、医療要員は当該兵士が受けた爆風の度合を知り、それによる影響を推し量ることができる、との説明をおこなっていた。
医療の進歩で戦死者の比率は減ったが、その分だけ TBI の影響を受ける兵士が増えている状況が背景にある、としてる。

11ヶ月以上の期間と、100万ドル 近い予算を掛けて開発されたこの ブラストゲージは、兵士のヘルメットの下に取り付け、頭蓋骨と密着するようデザインされた小さな自己完結型装置。この小さな装置には、爆風に伴って急速に変化する状況を感知するよう、マイクロプレセッサーとセンサーが内蔵されている。

第1フェイズ としてDARPAでは、陸軍で実戦配備中の 旅団 の兵士に対して昨年試験を開始、その後 米軍の様々なユニットにおいて 6,400以上 の兵士まで徐々に拡大し、現在 第2フェイズ に入ったとし、倍増計画を立てている。

DARPA 2011/6/13, 2012/05/21
gizmag 2012/05/30
Photo by DARPA

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop