NEWS

イスラエル企業、個人携行の使い捨て無人偵察機を開発

海外軍事

イスラエルの UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) 開発企業 UVision Global Aero Systems は、全長 70cm、重量 3kg、ウィングスパン 67cm の個人携行を可能とする無人偵察機 "WASP" ([昆虫] カリバチ、狩蜂)を開発中。主に国軍など正規軍同士ではない「非対称」戦闘の梯形陣 (Echelon formation) で前線の兵士が使用することを想定したもの。リアルタイム偵察をおこなうことができる。WASP は 1回 限りの使用で、使い捨てが可能とのこと。WASP の行動半径は最大 5キロメートルで、飛行時間は 30分、飛翔速度は毎時 100-200 キロメートル。
現在 WASP は 3ラウンド目 の試験飛行に入っているとされ、今後更なる開発が進められて 2013年 中頃 での供給開始が見込まれている。

IsraelDefense 2012/09/01
UVision Global Aero Systems 2012/03/04


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop