NEWS

イスラエル企業、個人携行の使い捨て無人偵察機を開発

海外軍事

イスラエルの UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) 開発企業 UVision Global Aero Systems は、全長 70cm、重量 3kg、ウィングスパン 67cm の個人携行を可能とする無人偵察機 "WASP" ([昆虫] カリバチ、狩蜂)を開発中。主に国軍など正規軍同士ではない「非対称」戦闘の梯形陣 (Echelon formation) で前線の兵士が使用することを想定したもの。リアルタイム偵察をおこなうことができる。WASP は 1回 限りの使用で、使い捨てが可能とのこと。WASP の行動半径は最大 5キロメートルで、飛行時間は 30分、飛翔速度は毎時 100-200 キロメートル。
現在 WASP は 3ラウンド目 の試験飛行に入っているとされ、今後更なる開発が進められて 2013年 中頃 での供給開始が見込まれている。

IsraelDefense 2012/09/01
UVision Global Aero Systems 2012/03/04

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop