英国防省、英軍の次期制式拳銃をGlock17 Gen4へ変更

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
英国防省はイギリス軍の制式拳銃について、過去 40 年間にわたって使用してきた Browning L9A1 から Glock 17 Gen4 に変更することを明らかにした。Viking Arms Ltd. (Harrogate, Yorkshire) に対して、まず 25,000 挺を 900 万ポンド (1,450 万ドル) で発注した。そしてアフガニスタン派遣部隊を優先する形で、数週間以内に支給を開始するとのこと。
Philip Dunne 装備相は「小型・軽量で費用対効果が高い」、国防省は「軽いだけでなく精度が高く、装弾数が多い (13 発から 17 発に増加)」と説明している。国防省ではこのほか「Browning の維持にかかる費用が増加してきている」「特定の脅威あるいは脅威の増大を受けた代替ではない」との説明もしている。
なお、アフガニスタン派遣部隊の一部では、UOR (Urgent Operational Requirement) 案件として調達した SIG Sauer P226 を使用しているが、これを用途廃止にする予定はないとのこと。その SIG は新型拳銃の最終候補に残っていたが、Browning は含まれなかった由。

MoD UK 2013/01/11
Reuters 2013/01/11
DefenseNews 2013/01/11
Picture: Richard Watt, Crown Copyright/MOD 2013

過去の「英軍採用ピストル Glock 17」関連記事:
英軍、アフガンの部隊に Glock ピストルを採用

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
     各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散 (2017-08-22 14:24)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売 (2017-08-21 21:26)
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop