NEWS

ビン・ラディン殺害現場近くに一大レジャー施設の建設計画

海外軍事
AP 通信によると、パキスタン当局の計画として、国際テロ組織 al-Qaeda 指導者 Osama Bin Laden 容疑者が潜伏し、米海軍特殊部隊 ST6 (Seals Team 6, a.k.a. DevGru) によって殺害された Abbottabad の現場から僅かな距離に、一大アミューズメント施設の建設が予定されている。この 3 月にも総工費 5,000 万ドルの資金が投じられ着工する予定。「Bin Laden の潜伏地」として悪化した街のイメージ回復につなげたい考え。New York Daily News の取材に対して、パキスタン Khyber Pakhtunkhwa 州の Syed Aqil Shah スポーツ観光大臣は、「この計画自体は Osama Bin Laden との関連性は一切無い」と話した。施設には米国のアミューズメント施設と同様に、動物園やプール付のスポーツ施設などが完備されるとのこと。この一大レジャー施設の建設に当たって、当初は 50 エーカー程度の規模で着工されるが、追って 500 エーカー規模にまで拡大される予定。

Christian Post 2013/02/05
New York Daily News 2013/02/04


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop