廃棄されたジェット旅客機まである米国のサバイバルゲーム風景

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米国でおこなわれる、巨大戦闘訓練施設を使ったサバイバルゲームのプロモーション映像が公開された。"Operation Shattered Union 2" と名付けられたその MilSim (Military Simulation) ゲームは、米国 Virginia 州 West Point 近郊にある G4S International Training Inc. (G4S ITI) の所有する戦闘訓練施設を使い、2013 年 10 月 5 日に開催予定。キルハウス、MOUT (Military Operations on Urban Terrain : 市街戦訓練) 施設、シューティングレンジ、80 エーカー (約 32.4 万平方メートル) に及ぶ森林エリアと、極めつけが廃棄されたホンモノの小型ジェット旅客機、"DC-9" の機体が用意された充実の戦闘訓練施設となっている。8/6 から参加受付開始で、早期割引 85 ドル、当日参加で 125 ドルの参加費用。16 歳以上で参加でき、18 歳以下の場合は保護者による免責署名が義務付けられている。

Jaz Draper 2013/07/24
MAAPR (Mid-Atlantic Airsoft Players Registry) 2013/03/07
G4S ITI Promo Video

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中
    バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催
    実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン
    弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」
    サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開
    「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦
     【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中 (2017-07-19 20:14)
     バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催 (2017-07-14 19:24)
     実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン (2017-07-13 12:48)
     弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」 (2017-07-12 15:59)
     サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開 (2017-07-11 12:11)
     「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦 (2017-07-10 16:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop