NEWS

米特殊部隊にイスラエル製小型陸上ロボットの配備計画が進行中

海外軍事
イスラエルの Roboteam が手掛けている小型ロボット・MTGR (Micro Tactical Ground Robot) ×100 両を米陸海軍の特殊作戦部隊に配備する作業が進んでいるほか、さらに 35 両をアメリカ本土で使用するために調達する計画。米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) と国防総省の CTTSO (Combating Terrorism Technical Support Office) では MTGR の運用評価試験を実施中。Roboteam ではこのほか、2.5lb の軽量級 4x4 ロボット・IRIS (Individual Robotic Intelligence System) を開発。これは 3mph で走りながら全周の動画を送信できる偵察用。換気口に潜り込ませたり、バルコニーに放り込んだりして使う。すでにイスラエルなどから受注を得ているとのこと。

DefenseNews 2013/10/20

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop