SEALs 隊員を夢見る遺伝性疾患を持つ少年が 6 歳の誕生日を訓練参加でお祝い

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
「大きくなったら SEALs 隊員なりたい」という、生まれながらに疾患を持つ少年の 6 歳の誕生日を祝う模擬訓練のイベントが元・SEALs 隊員らと共におこなわれた。カンザスシティー在住の Mason Rudder くんは運動を制限させられる遺伝性疾患・Escobar 症候群 (多発性翼状片症候群) を生まれながらに持っている。「いつの日か、屈強な SEALs 隊員になりたい」という想いを持ち続けていた Mason 少年の想いについて、父親の George 氏は「叔父が SEALs 隊員であったことや、祖父が空軍に所属していたことなどが SEALs への憧れの原因だろう」とのこと。因みに、この日の「訓練」において少年に課せられた最終ミッションは「タリバン指導者のアジトを強襲する」ということで、様々な火器を使った実銃射撃と、本物の爆薬を使った訓練が示されている。中でも Mason 少年のお気に入りは、爆薬の爆発シーンだったとのこと。訓練を終えて Mason 少年に、SEALs 隊員の証しとも言うべきトライデントのピンが贈られた。

Daily Mail 2014/04/02

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」
    サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表
    UMAREXから史上最強の50口径エアライフル「Hammer .50 caliber Air Rifle」が登場
    Bear Paw Productionからドラグノフのブルパップモデル「SVU」がガスブロモデルとして間もなくリリース
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」 (2018-01-23 10:03)
     サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表 (2018-01-22 18:21)
     UMAREXから史上最強の50口径エアライフル「Hammer .50 caliber Air Rifle」が登場 (2018-01-22 18:06)
     Bear Paw Productionからドラグノフのブルパップモデル「SVU」がガスブロモデルとして間もなくリリース (2018-01-22 17:58)
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop