映画「アメリカン・スナイパー」4 月撮影開始、友人他・リアル SEALs も出演へ

映画・テレビ
米軍史上最多のキル数を誇り、2013 年 2 月に逝去した元・米海軍特殊部隊 SEALs スナイパーの故 Chris Kyle (クリス・カイル) 氏自叙伝の映画化に関する情報が最近アップデートされた。ハリウッド情報サイト The Wrap によると、映画 "American Sniper" (アメリカン・スナイパー) の撮影が 4 月からモロッコで始まるとのこと。監督は当初、Steven Spielberg (スティーブン・スピルバーグ) 氏が手掛けるとの報道もあったが、同氏はその後に企画から離脱。代わりに Clint Eastwood (クリント・イーストウッド) 氏がメガホンを持つことになった。また、本作の映画化に関する権利の取得を勝ち取った Bradley Cooper (ブラッドリー・クーパー) 氏による Chris Kyle 氏役の配役とは別に数名の配役についても言及がなされている。中でも注目したいのは、数名のホンモノ SEAL 隊員が含まれるという点。実名が上がっているところの人物では、Chris Kyle 氏のリアル友人で、自身も元・SEAL Team 3 のスナイパー、ブリーチャー、メディックを経験した Kevin "Dauber" Lacz 氏。現在は戦技・戦術面でのテクニカルアドバイザーとして活躍しているとのこと。SEALs 映画としてマニアを中心に日本でも注目を集めた「ローン・サバイバー」の公開も一段落。リアル嗜好の SEALs・特殊部隊戦闘映画として次に注目を集めるのはこの 1 本となるのは間違いない。

The WRAP 2014/03/26
Kevin "Dauber" Lacz official FaceBook
Lacz's tribute to Chris Kyle / Congressional Record 2013/02/13
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    特殊部隊格闘技教官の指導実績を持つゼロレンジコンバット稲川氏が監修。8/12公開アクション映画『RE:BORN』
    「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督最新作、『Rakka』がYouTube&Steamで無料配信中
    「第9地区」×「インデペンデンス・デイ」の《侵略》SFアクション作品『リヴォルト』予告映像
    映画「エイリアン 2」の「M41A パルスライフル」をモデルにした実銃『MAX 41A』射撃映像
    映画「ジョン・ウィック: チャプター2」公開を記念したビッグで超豪華な特別キャンペーンが開催
    20年ぶりの激しいアクションに挑戦。名優ジョン・トラボルタ主演クライムアクション映画『リベンジ・リスト』
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     特殊部隊格闘技教官の指導実績を持つゼロレンジコンバット稲川氏が監修。8/12公開アクション映画『RE:BORN』 (2017-06-23 20:20)
     「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督最新作、『Rakka』がYouTube&Steamで無料配信中 (2017-06-20 19:18)
     「第9地区」×「インデペンデンス・デイ」の《侵略》SFアクション作品『リヴォルト』予告映像 (2017-06-16 10:54)
     映画「エイリアン 2」の「M41A パルスライフル」をモデルにした実銃『MAX 41A』射撃映像 (2017-06-14 21:09)
     映画「ジョン・ウィック: チャプター2」公開を記念したビッグで超豪華な特別キャンペーンが開催 (2017-06-09 20:40)
     20年ぶりの激しいアクションに挑戦。名優ジョン・トラボルタ主演クライムアクション映画『リベンジ・リスト』 (2017-06-09 16:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop