NEWS

フランス特殊部隊、過負荷で増勢と装備の強化が課題

海外軍事
フランスの専門家が「フランス軍の特殊作戦部隊は過負荷で延びきった状態になっており、増勢が必要」と指摘している。2013 年版の国防白書でも、現行の 3,000 名から 1,000 名を増勢するとしていた。しかし、仏上院が 2014/5/13 にリリースした報告書では、増勢については 1,000 名には届かず、700 名に留まる可能性が高いとしている。そのほか、対外情報機関 DGSE (Direction Generale de Securite Exterieure) との連携強化や、装備の更新・増強といった必要性は指摘している。大型で空中給油が可能な輸送ヘリや、攻撃ヘリを配備する必要性を指摘する声もある。

DefenseNews 2014/5/19
Crédit: EMA/Ministère de la Défense
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop