エアソフトスナイパーによる長距離・精密射撃の醍醐味を存分に感じさせるプレイ映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
フィリピンのエアソフトスナイパーによる、サバイバルゲームでの長距離・精密射撃の醍醐味を存分に感じさせる映像が掲載中。プレイヤーは使用する銃の弾道特性を十分に把握。風向きや走って逃げるターゲットの移動速度を考慮して、意図的にレティクルからずらして発射し、見事「Tango Down」(「敵を倒した」という意味)。遮蔽物に身を隠す、敵の僅かに露出した部分をも捉えて、精密に撃ち抜く手慣れた様子が描かれている。画面左下には Google Earth による射撃距離が単位:フィート (1 フィート= 0.3 メートル) で記載。これら狙撃の多くは、大よそ 90 ~ 220 フィート付近、27 ~ 66 メートルの範囲でおこなわれているのが分かる。遠く離れた敵へ向かう弾道は、日本のレギュレーション下とは異なるものとなっている。映像のアップ主によれば、このエアソフトスナイパーの装備は以下の通り。

Weapon: KS M24 with Karsten Adjustable Cheek Rest
Scope: Leupold Mark4 3.5-10X50 M1
Scopecam: Sony HDR CX-160
Zoom level in video: 25-42X Optical Zoom
BBs: WE/Madbull 0.40g Washed.

cjradge 2014/05/28

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    第二次世界大戦中のポーランドの傑作拳銃「ラドム」が再生産開始
    射手の好みに応じて形状をカスタマイズできるAR-15用ピストルグリップ『Unique-Grip』
    屋外レンジで撃ちまくり! SHOT Show 2018の前哨戦であるINDUSTRY DAYが開催
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」
    サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表
     射手の好みに応じて形状をカスタマイズできるAR-15用ピストルグリップ『Unique-Grip』 (2018-01-24 09:40)
     屋外レンジで撃ちまくり! SHOT Show 2018の前哨戦であるINDUSTRY DAYが開催 (2018-01-24 01:33)
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」 (2018-01-23 10:03)
     サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表 (2018-01-22 18:21)
     UMAREXから史上最強の50口径エアライフル「Hammer .50 caliber Air Rifle」が登場 (2018-01-22 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop