NEWS

コロンビア川「謎のステルス艇」は SEAL 用の半潜没艇「Alligator」

海外軍事
過去 10 年に渡り、コロンビア川のポートランドからバンクーバーに掛けての流域で、度々目撃されていた奇妙なボート状ヴィークルに関する話題が報じられた。発見され難く、高速での移動が追求されたと考えらえるこの「謎のステルス艇」は、2000 年に米海軍水上戦コマンド (U.S. Navy Surface Wafare Command) と海上戦闘センター (NSWC : Naval Surface Warfare Center) の間で試験された "SEALION" (SEAL Insertion, Observation and Neutralization. =「アシカ」の意) プロジェクトに由来するもの。コンセプトの起源は 1980 年代後半に遡り、イスラエル特殊部隊のコミュニティから流れたとされる。地元の Oregon Iron Works 社が、主契約社として建造に参画、米海軍特殊部隊 SEALs 用に戦術用途の「半潜水艇」(semi-submersible tactical watercraft) "Alligator" (アリゲータ) を開発している。

Foxtrot Alpha 2014/05/29
FBO 2014/01/06
Justification and Approval (J&A) For Parts and Interim Logistical Service Support for the SEAL Insertion, Ovservation and Neutralization (SEALION) System - 2013/8 / United States Special Operations Command (USSOCOM)


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop