NEWS

コロンビア川「謎のステルス艇」は SEAL 用の半潜没艇「Alligator」

海外軍事
過去 10 年に渡り、コロンビア川のポートランドからバンクーバーに掛けての流域で、度々目撃されていた奇妙なボート状ヴィークルに関する話題が報じられた。発見され難く、高速での移動が追求されたと考えらえるこの「謎のステルス艇」は、2000 年に米海軍水上戦コマンド (U.S. Navy Surface Wafare Command) と海上戦闘センター (NSWC : Naval Surface Warfare Center) の間で試験された "SEALION" (SEAL Insertion, Observation and Neutralization. =「アシカ」の意) プロジェクトに由来するもの。コンセプトの起源は 1980 年代後半に遡り、イスラエル特殊部隊のコミュニティから流れたとされる。地元の Oregon Iron Works 社が、主契約社として建造に参画、米海軍特殊部隊 SEALs 用に戦術用途の「半潜水艇」(semi-submersible tactical watercraft) "Alligator" (アリゲータ) を開発している。

Foxtrot Alpha 2014/05/29
FBO 2014/01/06
Justification and Approval (J&A) For Parts and Interim Logistical Service Support for the SEAL Insertion, Ovservation and Neutralization (SEALION) System - 2013/8 / United States Special Operations Command (USSOCOM)

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop