NEWS

魚がボートに飛び込み体当たり、米海軍 SWCCs ハプニング付のプロモーション映像

海外軍事
河川を高速で移動し、SEAL チームと連携・支援をおこなう SWCCs (Special Warfare Combatant-craft Crewmen : 特殊作戦戦闘舟艇操船員) 。特殊任務に使用される小型舟艇・SOC-R (Special Operations Craft – Riverine) には、GAU-17 ミニガンや、M2HB .50 Cal (ブローニング M2) 重機関銃、M240B 機関銃、Mk 19 40 mm 自動擲弾銃といったヘビーな武装がおこなわれており、接敵交戦では相手に反撃を許さない、圧倒的な火力を示すことができる。米海軍オフィシャル FaceBook でも紹介されたこちらの映像は、数年前から紹介されているもの。後半シーンには、川面からジャンプした大きな魚が、ボート上の隊員に体当たりするアクシデントの演出が収められており、観ていて思わず笑みのこぼれる作品となっている。

America's Navy 2014/05/30
U.S. Navy official FaceBook 2014/06/05

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop