NEWS

カモフ、無人ヘリコプター Ka-175 を開発 今年中に初飛行を予定

海外軍事
ロシアのカモフが、無人ヘリコプター Ka-175 を開発した。ロシアのアルムス・タスが 8 月 5 日付けで、またそれを引用する形で『Jane's Defence Weekly』が 8 月 6 日付けで報じた。

記事によれば、Ka-175 は偵察と攻撃の両方で使うことができ、ロシア空軍、海軍、陸軍、またロシア連邦軍参謀本部情報総局 (GRU) への導入が見込まれているという。

また同社の設計者、セルゲイ・ミハイェフ氏がアルムス・タスに語ったところによれば、現在 Ka-175 はモックアップが完成した段階で、早ければ今年中にも、実機の初飛行を行う予定とのことだ。またロシアが導入予定のミストラル級強襲揚陸艦に搭載される、Ka-52K ヘリコプターとの共同運用の可能性についても検討されているという。

АРМС-ТАСС 2014/08/05
IHS Jane's Defence Weekly 2014/08/06
Photo: Ka-52 Alligator / Russian Нelicopters, JSC
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - 003

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop