NEWS

カモフ、無人ヘリコプター Ka-175 を開発 今年中に初飛行を予定

海外軍事
ロシアのカモフが、無人ヘリコプター Ka-175 を開発した。ロシアのアルムス・タスが 8 月 5 日付けで、またそれを引用する形で『Jane's Defence Weekly』が 8 月 6 日付けで報じた。

記事によれば、Ka-175 は偵察と攻撃の両方で使うことができ、ロシア空軍、海軍、陸軍、またロシア連邦軍参謀本部情報総局 (GRU) への導入が見込まれているという。

また同社の設計者、セルゲイ・ミハイェフ氏がアルムス・タスに語ったところによれば、現在 Ka-175 はモックアップが完成した段階で、早ければ今年中にも、実機の初飛行を行う予定とのことだ。またロシアが導入予定のミストラル級強襲揚陸艦に搭載される、Ka-52K ヘリコプターとの共同運用の可能性についても検討されているという。

АРМС-ТАСС 2014/08/05
IHS Jane's Defence Weekly 2014/08/06
Photo: Ka-52 Alligator / Russian Нelicopters, JSC
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - 003

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop