ロシア NPO-AEG、電動エアソフト「AK-12」を 2015 年に発売?北米の公認輸入販売社が呟き

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
『Airsoft2day.com』は 8 月 28 日付の記事で、ATACKA East Bloc MilSim の FaceBook エントリーでの一節をベースに、ロシアのカスタム エアソフトメーカー「NPO-AEG」から 5 種のエアソフト製品リリースに関連した情報を掲載した。

ATACKA East Bloc MilSim は、北米エアソフト市場でのロシア軍ファン拡大に合わせ、ロシア装備やそれに欠かせないエアソフトなどの販路を切り開いてきた NPO AEG (НПО АЕГ) 承認の輸入販売業者。

記事によれば、既報のガスブローバック式 OTs-14 Groza ブルパップ アサルトライフル、SR-2 Veresk サブマシンガンの他に、電動式 AEK-971 アサルトライフル、SVU ブルパップ スナイパーライフルと、2015 年には AK-12 アサルトライフルが発売予定とのこと。

実銃の AK-12 は、Izhmash (現 Kalashnikov Concern) 社によって開発された AK-47 シリーズの最新型で、2013 年 9 月にロシア連邦軍の試験をパスしている。ただし財政事情もあり、旧型からの置き換え配備は進んでいないとされる。

ATACKA East Bloc MilSim official FaceBook 2014/08/09
Airsoft2day.com 2014/08/28
Embed photo: AK-12 Engineering technologies international forum 2012, via Wikimedia Commons.
Photo: НПО АЕГ
Text : 鳥嶋真也 - FM201409

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル)
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管
     特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル) (2017-09-25 14:09)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売 (2017-09-21 19:28)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管 (2017-09-20 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop