NEWS

米陸軍と欧州各国の特殊作戦部隊が集結 「ジャッカル・ストーン 2014」演習が開催

海外軍事
米陸軍と欧州各国の特殊作戦部隊が集まって行われた「ジャッカル・ストーン 2014」 (Jackal Stone 2014) 演習の様子を伝える写真が、米第 3 軍が運用するインターネット・メディア・サイト『DVIDS』 (Defense Video & Imagery Distribution System) で続々と公開された。

「ジャッカル・ストーン」は、かつて 2006 年に開催された「シャムロック・キィ」 (Shamrock Key) と呼ばれる演習を基にし、2007 年から「ジャッカル・ストーン」の名の下で、毎年開催されている。教義や訓練、戦術などの情報を共有し、各部隊の能力の向上や、共同作戦での運用性を強化することが目的とされている。

今年はドイツとオランダで開催され、他にはチェコ共和国、フィンランド、英国、リトアニア、ノルウェー、ポーランド、スウェーデン、スロベニアが参加した。

U.S. Special Operations Command Europe / DVIDS 2014/09/15 - 001
U.S. Special Operations Command Europe / DVIDS 2014/09/15 - 002
U.S. Special Operations Command Europe / DVIDS 2014/09/19
Exercise Jackal Stone / EUCOM
Photo 1 by Mass Communication Specialist 2nd Class William S. Parker
Photo 2 and 3: U.S. Army photos by Spc. Benjaman Pollhein
Text : 鳥嶋真也 - FM201410

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop