NEWS

ロシア「特殊部隊の日」64 周年に合わせたトレーラーを公開

海外軍事
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 10 月 23 日、公式 YouTube チャンネルに、ロシア連邦の「特殊部隊の日」64 周年に合わせたロシア連邦軍所属特殊部隊を紹介する動画を公開した。

ロシア連邦の特殊部隊の日は、1950 年 10 月 24 日、46 個独立特殊任務中隊が創設されたのがソ連・ロシア連邦軍の特殊部隊創設日とみなして祝われている。この日を境に軍のみならず様々な武力機関庁にも特殊部隊が創設されてきた。

動画に登場する部隊は、ロシア空挺軍隷下の特殊部隊である「第45独立親衛特殊任務連隊」である。過激派が潜伏している地点に潜入し、無線傍受やUAV による偵察活動のち過激派の拠点を圧倒的な火力にて殲滅、速やかに離脱する特殊部隊らしい戦術を紹介している。また動画で出てくる狙撃銃は、同連隊に配備されているSteyr-Mannlicher 社製狙撃銃であり、SVD では無いことが注目に値する。

「第 45 独立親衛特殊任務連隊」
第 45 独立親衛特殊任務連隊は 90 年代に勃発した第一次・二次チェチェン紛争、2008 年に勃発した南オセチア紛争に投入され、常にロシア連邦軍の最前線に投入され続けてきた精鋭特殊部隊である。また 2012 年には米国コロラド州フォート・カーソン基地にてアメリカ陸軍特殊部隊 (グリーン・ベレー) 第 10 特殊作戦グループと合同演習を行った。

tvZvezda 2014/10/23
Text: WT83 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop