NEWS

イスラエルの Elop 社、UAV に搭載できる超小型のレーザー目標指示装置を開発

海外軍事
Flightglobal 誌は 10 月 27 日、イスラエルの防衛大手エルビット・システムズ社の子会社である Elop 社が、無人航空機 (UAV) に搭載できるほど超小型
の、レーザー目標指示装置を開発したと報じた。

記事によれば、このレーザー目標指示装置はミニチュア・デジグネーター・モジュール (MDM、Miniature Designator Module) と名付けられており、「特殊な超小型化」技術を用いて作られているいう。質量はわずか 100 g ほどしかなく、エルビット社製の小型 UAV のスカイラークに搭載できるという。

同社によれば、この MDM を含む電子光学ペイロードを搭載した UAV を飛ばすことで、目標物の指示にかかる時間が短くなり、例えばレーザー誘導兵器を積んだ航空機との連携などがより効率的にできるようになることなどが期待されるという。

Flightglobal 2014/10/27
Photo: Skylark® I LE - Mini UAS / Elbit Systems Ltd.
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop