NEWS

米陸軍第 3 特殊部隊グループ「グリーンベレー」、スナイパー・コンペの写真数点を公開

海外軍事
米陸軍特殊部隊・グリーンベレー、第 3 特殊部隊グループ (3rd SFG (Airborne)) の公式 FaceBook で、2014 年 12 月に米ノースカロライナ州フォートブラッグでおこなわれたスナイパー・コンペでの写真数点が公開された。

写真の隊員が使用するスナイパーライフルは、LaRue Tactical OBR 7.62 をベースに、迷彩塗装が施されている。迷彩パターンは Crye Precision でお馴染みの Multicam 調となっており、水圧転写では無く、ブツブツ感のある表面の様子からも塗装によるものと考えられる。また、ストックは固定式のものから同じく LaRue 製の伸縮式のものへと変更されている。
Nightforce 製 Ultralite MagMounts をベースに、一部仕様変更されていると思われるマウントには、Leupold MarkVI スコープが搭載されている。また、バイポッドには間に合わせ的に用意されたのか、Cheytac M200 のものが使われている点が興味深い。

そしてスリングには、一見 Vickers Tactical 製のコンバットスリングにも見えるが、前方の取り付け部にあるファステックスから、LaRue 製の Tactical Padded Sling と考えられる。

3rd Special Forces Group-Airborne official FaceBook 2014/12/09

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop