映画「American Sniper」全米公開、週末興行収入ランキングでダントツのトップ

映画・テレビ
アメリカ現地時間1月16日より全米3,551館もの映画館で上映が始まった『アメリカン・スナイパー』が、初日の興行収入3,050万ドルでスタートを切り、全米週末興行収入ランキング(16~18日の集計)において9,020万ドルでダントツのトップとなった。

クリント・イーストウッド監督作品で過去最大の週末興行収入は『グラン・トリノ』の2,950万ドルで、この数字をたった1日で更新することとなった。
また、『アメリカン・スナイパー』の週末興行収入9,020万ドルは、2014年に公開された大ヒットSFアクション映画『X-Men: デイズ・オブ・フューチャー・パスト』の週末興行収入とほぼ同じ数字であり、R指定作品としてはSFアクション映画『マトリックス・リローデッド』の9,177万ドルに次ぐ歴代2位となり、1~2月公開作品としては歴代1位の記録となる。

そして更に、封切から4日間(16~19日の集計)の興行収入は1億0,530万ドルに達している。

アメリカでは1月が映画興行の閑散期といわれており、比較的数字がとりやすいアメコミ原作のアクション映画ではなく実話を原作とした現代戦争映画がこの数字を叩き出したことは、もはや社会現象と呼べる状況である。

『アメリカン・スナイパー』は、2015年2月21日(土)日本全国でロードショー。

ワーナー エンターテイメント ジャパン 2015/01/19
Text: 弓削島一樹 - FM201501

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
Netflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」の本編クリップが公開
英陸軍特殊部隊・SASが初めて公式デビューした「駐英イラン大使館占拠事件」を描く映画『6 Days』
映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」クリス&レオンと共に戦う対バイオテロ部隊:BSAAメンバー解禁
デブグル戦争アクションドラマ「シックス」セカンドシーズンのロケ地はカナダ・バンクーバー
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 Netflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」の本編クリップが公開 (2017-04-20 13:02)
 英陸軍特殊部隊・SASが初めて公式デビューした「駐英イラン大使館占拠事件」を描く映画『6 Days』 (2017-04-14 17:26)
 映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」クリス&レオンと共に戦う対バイオテロ部隊:BSAAメンバー解禁 (2017-04-10 18:15)
 デブグル戦争アクションドラマ「シックス」セカンドシーズンのロケ地はカナダ・バンクーバー (2017-04-03 17:40)
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop