カラシニコフ ブランド下の AK-47、初めて米国内で製造される可能性-対ロシア禁輸制裁が背景

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
欧米諸国によるロシアへの経済制裁に伴い、Kalashnikov Concern 製造の AK-47 の禁輸が続く中、米国の企業がその回避方法として米国内での製造を検討している。CNN マネーが伝えた。
米国企業 RWC 社 (Russian Weapon Company Group LLC) は、カラシニコフ銃などを手掛ける小火器製造大手、ロシアの Izhmash 社から米国内への輸入を独占的に手掛けているが、昨年 7 月のロシアによるウクライナ騒乱でおこなわれた経済制裁に伴い、ロシア Kalashnikov Concern 製造の AK-47 の輸入をおこなうことが出来なくなっていた。

禁輸制裁以降、米国内でのAK-47の需要は急上昇。今のところ十分な在庫数量を抱えているが、在庫がいつまでも持たないことを想定し、米国内で初となる AK-47 の製造施設を建造するような計画にあるとのこと。

今年の第二四半期にも米国内での生産を開始するつもりで、カラシニコフ ブランドの下、AK-47 とショットガンの製造が予定されているという。
CNN Money 2015/01/20
About Executive Order 13661 / The White House Office of the Press Secretary
Image: via RWC Group LLC official website

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop