カラシニコフ ブランド下の AK-47、初めて米国内で製造される可能性-対ロシア禁輸制裁が背景

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
欧米諸国によるロシアへの経済制裁に伴い、Kalashnikov Concern 製造の AK-47 の禁輸が続く中、米国の企業がその回避方法として米国内での製造を検討している。CNN マネーが伝えた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    米国企業 RWC 社 (Russian Weapon Company Group LLC) は、カラシニコフ銃などを手掛ける小火器製造大手、ロシアの Izhmash 社から米国内への輸入を独占的に手掛けているが、昨年 7 月のロシアによるウクライナ騒乱でおこなわれた経済制裁に伴い、ロシア Kalashnikov Concern 製造の AK-47 の輸入をおこなうことが出来なくなっていた。

    禁輸制裁以降、米国内でのAK-47の需要は急上昇。今のところ十分な在庫数量を抱えているが、在庫がいつまでも持たないことを想定し、米国内で初となる AK-47 の製造施設を建造するような計画にあるとのこと。

    今年の第二四半期にも米国内での生産を開始するつもりで、カラシニコフ ブランドの下、AK-47 とショットガンの製造が予定されているという。
    CNN Money 2015/01/20
    About Executive Order 13661 / The White House Office of the Press Secretary
    Image: via RWC Group LLC official website

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    アメリカの愛好家チームが射程約4,600メートルの超長距離射撃に成功
    フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表
    大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘
    過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」
    ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催
    東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開
     アメリカの愛好家チームが射程約4,600メートルの超長距離射撃に成功 (2017-11-22 14:07)
     フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表 (2017-11-21 15:22)
     大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘 (2017-11-21 13:56)
     過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」 (2017-11-20 19:09)
     ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催 (2017-11-20 16:29)
     東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開 (2017-11-14 10:12)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop