NEWS

フォース・リーコン& MARSOC に医療従事を中心で支援する「特殊水陸両用偵察部隊員 (SARC) 」紹介映像

海外軍事
米海軍は、艦隊海兵軍 (FMF: Fleet Marine Forces) の下、最前線で活動する実動 (DA) 部隊、フォース・リーコン (Marine Force Reconnaissance) と海兵隊特殊部隊・MARSOC (Marine Forces Special Operations Command) の医療従事を中心とした作戦支援で活躍する影の貢献者、「特殊水陸両用偵察部隊員 (SARC: Special Amphibious Reconnaissance Corpsman) の紹介映像を公開した。All Hands Magazine 製作により公開されたこれら映像は 2 本で、1 本は SARC の紹介を総括したもの。もう 1 本はその選抜過程の紹介となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    SARC 隊員になるには、もちろん標準訓練課程を通過していなければならず、衛生過程のスクールを経て、キャンプペンデルトンの基礎偵察コース (BRC: Basic Reconnaissance Course) へ進むことになる。その後、「パイプライン (pipeline) 」と呼ばれる 1 年に渡る特殊作戦軍 (SOCOM: Special Operations Command) によるメディカルコース、空挺、潜水スクールでの習熟が課せられる。
    * 8 weeks - Field Medical Training Battalion / Camp Pendelton, CA or Camp Lejeune, Nc
    * 13 weeks - Basic Reconnissance Course (BRC) / Camp Pendelton, CA
    * 7 weeks - Marine Combative Dive / NDSTC, Panama City, FL
    * 5 weeks - Amphibious Reconnissance Corpsman / NDSTC, Panama City, FL
    * 3 weeks - Basic Airborne / Fort Benning, GA
    * 36 weeks - Special Operations Combat Medicine (SOCM) / Fort Bragg, NC

    SARC 隊員は、偵察大隊 (Recon Bn) または特殊作戦大隊 (MSOB: Marine Special Operations Battalion) のいずれかに随伴することとなり、SERE (Survival, Evasion, Resistance and Escape=生存、回避、抵抗、脱出) コースの履修へ送り込まれる。これは、負傷者救護などメディックの役割を担うに当たって、敵から格好のターゲットになった場合を想定したものとなっている。

    U.S. Navy 2015/03/02
    About The SARC: OAF Nation 2014/07/14

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop