NEWS

フォース・リーコン& MARSOC に医療従事を中心で支援する「特殊水陸両用偵察部隊員 (SARC) 」紹介映像

海外軍事
米海軍は、艦隊海兵軍 (FMF: Fleet Marine Forces) の下、最前線で活動する実動 (DA) 部隊、フォース・リーコン (Marine Force Reconnaissance) と海兵隊特殊部隊・MARSOC (Marine Forces Special Operations Command) の医療従事を中心とした作戦支援で活躍する影の貢献者、「特殊水陸両用偵察部隊員 (SARC: Special Amphibious Reconnaissance Corpsman) の紹介映像を公開した。All Hands Magazine 製作により公開されたこれら映像は 2 本で、1 本は SARC の紹介を総括したもの。もう 1 本はその選抜過程の紹介となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    SARC 隊員になるには、もちろん標準訓練課程を通過していなければならず、衛生過程のスクールを経て、キャンプペンデルトンの基礎偵察コース (BRC: Basic Reconnaissance Course) へ進むことになる。その後、「パイプライン (pipeline) 」と呼ばれる 1 年に渡る特殊作戦軍 (SOCOM: Special Operations Command) によるメディカルコース、空挺、潜水スクールでの習熟が課せられる。
    * 8 weeks - Field Medical Training Battalion / Camp Pendelton, CA or Camp Lejeune, Nc
    * 13 weeks - Basic Reconnissance Course (BRC) / Camp Pendelton, CA
    * 7 weeks - Marine Combative Dive / NDSTC, Panama City, FL
    * 5 weeks - Amphibious Reconnissance Corpsman / NDSTC, Panama City, FL
    * 3 weeks - Basic Airborne / Fort Benning, GA
    * 36 weeks - Special Operations Combat Medicine (SOCM) / Fort Bragg, NC

    SARC 隊員は、偵察大隊 (Recon Bn) または特殊作戦大隊 (MSOB: Marine Special Operations Battalion) のいずれかに随伴することとなり、SERE (Survival, Evasion, Resistance and Escape=生存、回避、抵抗、脱出) コースの履修へ送り込まれる。これは、負傷者救護などメディックの役割を担うに当たって、敵から格好のターゲットになった場合を想定したものとなっている。

    U.S. Navy 2015/03/02
    About The SARC: OAF Nation 2014/07/14

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop