Project Gecko 基礎 CQB コースサマリー 訓練映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ドイツのタクティカル・トレーニング&コンサルティング会社の Project Gecko が、今年1月に行ったトレーニングの様子を収めた動画『 BASIC CQB Summary January - February 2015 』を、Youtube の同社公式チャンネルで公開した。

Project Gecko は、イスラエル国防軍(Israel Defense Forces, "IDF")特殊部隊出身の Eliran Feildboy 氏が CEO とチーフインストラクターを務めるタクティカル・トレーニング&コンサルティングを行うドイツのハンブルクを拠点とする会社である。
約2分半の短い動画であるが、ドアエントリーのアプローチ方法(カッティングパイ)に目が行く。
ミリブロReport「C3部 in 関西」の記事にも触れられているが、イスラエル式とも言える銃を突き出す形(ドア枠に銃身をあてて支点とするカッティングパイ)でのアプローチは、アメリカ式の距離を置きながらの方法に見慣れていると斬新に映る。歩幅の刻み方が多い点はややアメリカ式に類似するが、イスラエル式の特徴を色濃く反映しているように思われる。

同チャンネルには多くの動画(ホームページでは鍵付動画が観覧可能)がアップされており、チームでの連携やストレス付加を主題としたトレーニングがメインの印象を受ける。この点は、Eliran Feildboy 氏の経歴とドイツというお国柄も関係しているのであろう。テクニックやマインドセットの違いなど、国によって異なることは大変興味深いことである。

※カッティングパイ参考動画「 A moment with Project Gecko #1 」
Project Gecko 2015/03/04
Embed image: Project Gecko official Instagram
Text: 弓削島一樹 - FM201503

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop