NEWS

BMD-4M、最初の生産分がロシア空挺部隊に配備 = IHS Jane's 360

海外軍事
IHS Jane's 360 誌は 3 月 4 日、ロシアの歩兵戦闘車 BMD-4M の最初の生産分 12 輌が、3 月 3 日にロシア空挺部隊に配備されたと報じた。
BMD-4M は空挺戦闘車とも呼ばれ、航空機からの空中投下が可能なように造られている。BMD-4M は BMD-4 を基に改良されたもので、装甲やエンジン、シャシーなどに手が加えられているとされる。特にエンジンには、軽量化のためにマグネシウム合金や薄いスチールが使用されているという。
車体上面にはバフチャー U 砲塔を装備し、アルカン・ミサイルも発射可能な 100 mm 2A70 主砲、30 mm 2A72 同軸砲、7.62 mm PKT 同軸機銃が収められている。また新しい射撃管制システムも導入されており、直接、間接を問わず、さまざまな種類の目標に対する射撃が可能だとされる。

なお同日には装甲兵員輸送車 BTR-MDM も 12 輌、引き渡されたとされ、また今年の終わりまでに、62 輌の BMD-4M と 22輌の BTR-MDM が引き渡される予定になっているという。

IHS Jane's 360 2015/03/04
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop