NEWS

ポラリス社、米特殊部隊に ATV × 2,000 輌超の独占供給へ

海外軍事
米連邦事業機会 (Federal Business Opportunities) によると、特殊作戦軍 (USSOCOM: United States Special Operations Command) が Polaris Industries との間で、ATV (All-Terrain Vehicle: 全地形万能車) × 2,000 両超の供給契約を交わすとのこと。契約は競争入札ではなく、ポラリス社単独による供給契約 (sole source) が指定されている。

対象となるのは、軽量戦術用 ATV (LTATV: Light Tactical All-Terrain Vehicle) で、2人乗り用の MRZR-2 と、4 人乗り用の MRZR-4。台数は MRZR-2 が 300 両で、MRZR-4 が 1,750 両の計 2,050 両と見積もられており、この 6 月にも正式な契約が結ばれる見込み。

MRZR-2
* 88 hp 875 cc Polaris Prostar engine
* Optional Rearward-Facing Seating
* 60” / 152.4 cm vehicle height with tool-less collapsing roll-cage

MRZR-4
* 88 hp 875 cc Polaris Prostar engine
* Carry 1 or 2 litters longitudinally
* 60” / 152.4 cm vehicle height with tool-less collapsing roll-cage

USSOCOM では V-22 Osprey や MH-47 Chinook、MH-53 Pave Low の機体に収容して輸送がおこなえる車輌を求めている。オフロードヴィークル開発を得意とするポラリス社からは昨年、USSOCOM 向けに同社 MRZR と MV850 よりも大型化された「DAGOR」が発表されている。
参考:
ポラリス社、AUSA 2014 で特殊部隊用途のオフロード車両「Dagor」をローンチ

FBO 2015/03/23

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)
 アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開 (2017-04-19 17:56)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop