NEWS

イラクの戦闘で 27 発の銃撃を体に受けた不死身の SEAL 隊員が「鉄人レース」に参戦

海外軍事
アルカイダ戦闘員との激しい銃撃戦で 27 発もの弾丸をその身に受けた元 SEAL 隊員が、4 月 12 日に米フロリダで開催されるトライアスロンのレースに参加する。
参考:
IED・ロケット弾の攻撃を 17 回受けて生き延びた英軍兵士が戦友救助で勲章授与

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Mike Day 氏は米海軍特殊部隊 SEALs 隊員として 20 年のキャリアの中で、シルバースター (銀星章)、ブロンズスター (青銅星章) の受章歴を持つ人物。

    CBN News 2014/09/17
    Navy SEAL Sr. Chief Mike Day had never been shot before, but that changed dramatically one night in April 2007.
    2007 年、Day 氏は派兵先であったイラク中部の都市・ファルージャ (Fallujah) 近郊の市街地で、SEAL のチームメンバーと共にアルカイダ戦闘員 4 名が潜伏する室内へ突入。

    その際に敵の反撃を受け、合計 27 箇所をその身に被弾した。CBS 系列の WTKR ニュースによると、その内 11 発は Day 氏の着用していたボディーアーマーに被弾。防弾プレートによって食い止めていたが、16 発は Day 氏の肉体へ当たり、その身を危険な状態へ追いやった。

    そして僅か 3 メートルほど離れたところで 1 発の手榴弾が爆発、意識が朦朧とする中で Day 氏はピストルを抜き、眼前の敵戦闘員 2 名を排除している。
    (1 分程意識を失った後に目覚めた Day 氏の手にはピストルが握り締められ、目の前に 2 名の戦闘員の死体が横たわっていた)

    その後、激しかった戦闘も落ち着き、起き上がった Day 氏は、自身の足で救急ヘリコプターへ向かったと言う。
    今回、Day 氏が参加を表明しているアイアンマン大会「IRONMAN 70.3 Florida」の公式ページには、負傷の様子について本人が直筆でその生々しい状況を伝えている。

    それによると、両手と両足、臀部や陰嚢を撃たれており、左親指は切断。また、腹部を撃たれたことで、人工肛門を 1 年に渡って造設したことや、右肩甲骨を粉砕したことが語られている。そして、心臓などバイタルゾーンへの被弾を回避したものの、何度もボディーアーマーに被弾したことで肋骨を骨折し、肺を打撲していることも明かしている。

    なお、Day 氏は 16 日間の病院生活を経て、パープルハート (戦傷章) が贈られている。

    IRONMAN 70.3 は、鉄人レースとして知られる「アイアンマンレース」のトータル距離が半分に当たる 70.3 マイルを舞台に繰り広げられるレースで、「ハーフIRONMAN」として親しまれている。

    Mike Day's Fundraiser / Ironman Foundation
    WTKR 2015/03/27

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop