NEWS

Navistar 製ピックアップトラック「SOTV-B」、見た目は普通でも中身は特殊作戦仕様

海外軍事
「軍用グレード」を前面に押し出した厳めしい (いかめしい) デザインは、状況によっては特殊作戦の最前線で従事するオペレーターの身に危険を及ぼすばかりか、ミッション成否にも大きく影響を及ぼす。

耐地雷・伏撃防護車両 (MRAP: Mine Resistant Ambush Protected) MaxxPro や MXT シリーズなどの軍用車両の開発を手掛ける Navistar Defense では、そんな特殊作戦に従事するオペレーターに向けて専用に開発したピックアップ車輌「SOTV-B」をリリース。

この SOTV-B 最大の特徴は、見た目は何の変哲も無いただの白色のピックアップトラックという点にある。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これは、中東やアフリカ、アジアなど、世界の紛争地・途上国で最も人気の高いトヨタ製のピックアップ車輌や、低価格をウリに目下シェアを拡大中である中国製のチープな車輌、テクニカルと見た目を同じにすることに狙いがある。

    街中の生活環境に「ブレンドイン」し、非対称戦下のロープロファイルミッションでの運用をおこなう。

    SOTV-B は、同社が開発した高モジュラー車輌の SOTV-A をベースに開発。車両はタフな環境下での利用を想定した造りとなっている。SOTV-B は 3 名または 5 名ないしは荷台に追加 2 名の、合計で最大 7 名の乗員という大きなペイロードをもって、荒地でもパワフル且つ安全に走破できるよう、シャーシや、サスペンション、パワートレイン、装甲乗員安全セルなどが特別設計されている。

    C4ISR (指揮、統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察) システムに対応し、M/CH-47 チヌークヘリコプターでの空輸が出来る車体サイズとなっている。

    Showcasing the Latest Vehicle Innovations…Navistar Defense has our blendable variant of the Navistar Defense Special...

    Posted by Navistar Defense, LLC on 2015年2月24日
    フードの下に隠された車輌の動力は、Cummins (カミンズ) 製 ISB4.5 直列 4 気筒エンジンにより、最高出力 250 HP、最大トルク 600lb-ft を引き出している。オフロード下での最大移動速度は、時速 136 キロメートル。砂漠やジャングル、山岳地、北極圏環境での走行に適した配慮がなされている。また、車両自体のライフサイクルの良さもその魅力として挙げられている。SOTV-B の諸元は以下の通りで、詳細なスペックシートについてはメールでの問い合わせとなっている

    [SOTV-B Specifications]
    Length: 5,245mm
    Width: 1,979mm
    Height: 1,854mm
    Wheel Base: 3,112 - 4,309 kg
    Curb Weight: 3,856mm
    Gross Vehicle Weight Rating: 5,670 kg
    Payload: 1,360 - 1,814 kg
    Fording Depth: 610mm
    Turning Diameter: 13,716mm
    また、FOX News によると、米オハイオ州コロンバスに拠点を持つ非営利の研究開発組織 Battelle が数年前に、米特殊作戦軍団 (USSOCOM) との間で、トヨタ製ピックアップトラックをベースに、今回の SOTV-B のような仕様を求め、計 200 輌の供給契約をまとめた経緯があるとのこと。既製のプラットフォームを使用することで、開発と生産に係る時間やコストの節約に繋げている。

    FOX News 2015/04/14
    FOX News 2013/05/24

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開
    豪陸軍が手のひらサイズの超小型ドローン「ブラック・ホーネット」を調達へ。南ア陸軍・特殊部隊も取得を切望
    ナイツ・アーマメント(KAC)が新型中機関銃「ストーナーMMG」の試作モデルを発表
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開 (2017-10-23 14:37)
     豪陸軍が手のひらサイズの超小型ドローン「ブラック・ホーネット」を調達へ。南ア陸軍・特殊部隊も取得を切望 (2017-10-23 14:02)
     ナイツ・アーマメント(KAC)が新型中機関銃「ストーナーMMG」の試作モデルを発表 (2017-10-23 12:46)
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop