NEWS

隔年開催「SOFINS 2015」 フランス軍特殊部隊のデモンストレーションが公開

海外軍事
フランス南西部、ジロンド県の Camp de Souge で、4 月 14 日~ 16 日を会期としてセミナーイベント「SOFINS 2015」が開催された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    SOFINS (Special Operations Forces Innovation Network Seminar) は、特殊部隊向け装備品の開発において、産業界との結び付きとそのシナジー効果を強化させることをコンセプトに、2013 年に創設された隔年開催のセミナーイベント。この種のイベントとしては欧州で唯一の存在となり、特殊部隊向けに開発された装備の展示の他、ワークショップの紹介や、特殊部隊員によるライブ デモンストレーションがおこなわれている。

    フランスを取り囲むテロの脅威を受け、同国では 2019 年までに 3,000 から 4,000 名に特殊部隊員の増員を掛ける予定にある。また、増員と共に対テロのハイプロファイル ミッションに対応すべく、軽量化と防護能力を向上させた新型ヴィークルや水陸両用ヘリコプターの取得などが計画されているとのこと。

    関連:
    フランス特殊部隊、過負荷で増勢と装備の強化が課題

    開催初日、イベントを視察したジャン=イヴ・ル・ドリアン (Jean-Yves Le Drian) 仏国防相は、2014 年から 2019 年に掛けての軍事計画を示す法案の更新について「この 6 月にも議会で審議・可決される予定」との見解を示している。

    また、軍事情報サイト Army Recognition では、イベント開催当日に撮影した訓練展示の模様を公開。映像ではアルカションの浜辺で、特殊作戦司令部 (COS : Commandement des opérations spéciales) 傘下、フランス版 SEAL こと「Commandos Marine (海軍コマンド) 」による人質救出を想定したデモンストレーションが実施されている。

    同サイトによれば、総勢 600 名程の兵力で構成されており、着用するベレー帽から「グリーンベレー」の愛称で呼ばれているとのこと。なお、Commandos Marine のメンバーが国際的なプレスの面前でデモンストレーションを披露するのは本邦初公開としている。

    Libération Société 2015/04/14, 2015/04/16
    Army Recognition 2015/04/17

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop