NEWS

ロシア連邦保安庁主催の射撃競技会が開催

海外軍事
4 月 14 日にレニングラード州にてロシア連邦保安庁主催の射撃競技会が開催された。

このロシア連邦保安庁主催の射撃競技会は、レニングラード州において毎年行われており、全国から 22 の部隊が参加し、総勢 100 名近くなる大規模な大会である。

ロシア連邦保安庁所属特殊部隊である「アルファ」「ヴィンペル」を始め、ロシア連邦警護庁や OMON や SOBR も参加し各部隊の腕を競い合った。
動画では実戦を想定した射撃コースを如何に早くクリアするのが主眼に置かれており、西側諸国と変わらない競技会である。

しかしロシアの部隊らしい特色のある装備構成や銃のパーツの取り付け方が参考になるであろう。近年のロシア特殊部隊も西側製品を多用しており、東西の混合装備という珍しいところも興味深いところではある。

Text: WT83 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop