NEWS

ロシア連邦保安庁主催の射撃競技会が開催

海外軍事
4 月 14 日にレニングラード州にてロシア連邦保安庁主催の射撃競技会が開催された。

このロシア連邦保安庁主催の射撃競技会は、レニングラード州において毎年行われており、全国から 22 の部隊が参加し、総勢 100 名近くなる大規模な大会である。

ロシア連邦保安庁所属特殊部隊である「アルファ」「ヴィンペル」を始め、ロシア連邦警護庁や OMON や SOBR も参加し各部隊の腕を競い合った。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    動画では実戦を想定した射撃コースを如何に早くクリアするのが主眼に置かれており、西側諸国と変わらない競技会である。

    しかしロシアの部隊らしい特色のある装備構成や銃のパーツの取り付け方が参考になるであろう。近年のロシア特殊部隊も西側製品を多用しており、東西の混合装備という珍しいところも興味深いところではある。

    Text: WT83 - FM201504

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop