NEWS

ドローン実証試験に向けて、米国の砂漠で東京ドーム 830 個分の「疑似都市」の建設が進む

海外軍事
1950 年代、かつて米軍による最初の原子爆弾の実験に使われたニューメキシコの砂漠に、先進技術のロボット、ドローンの実証試験に向けた、巨大な無人「疑似都市」の建設が進められている。

A fake city is being built in the desert to test drones and self-driving cars

Posted by NowThis on 2015年5月29日
米国の南西部、ニューメキシコ州に広がる砂漠の真ん中に現れた東京ドーム 830 個分 (15 平方マイル) に及ぶ疑似都市がそれで、「革新実験と評価のためのセンター (CITE: Center for Innovation Testing and Evaluation) 」と名付けられている。
この疑似都市は、国務省をはじめとした米連邦政府各機関との関係を持つ Pegasus Global Holdings 社が手掛けており、近代的な高層ビル群と郊外の住宅地、道路や電気、水道、通信といった生活基盤 (ライフライン)、基幹設備が整備されている。

35,000 名ほどの人口を抱える米国の中規模の都市を完全なまでに再現することで、新たな技術のスケール実証試験としての利用が見込まれている。

建設作業は来年度にも終了を迎える見込みで、同社ではその後に同施設を始動させる予定。

Huffington Post 2015/06/04
About CITE

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop