NEWS

NATO 高度即応統合任務部隊 (VJTF) の「Noble Jump 2015」演習に参加するポーランド特殊部隊

海外軍事
ポーランド政府関連機関が運営する特殊部隊コミュニティーの FaceBook ページに、6 月 9 日から 19 日の期間、西部の都市・ジャガン (Zagan) でおこなわれた NATO 諸国による多国間軍事演習「Noble Jump 2015」に参加した特殊部隊員の様子を収めたギャラリーが公開された。

Proven, Vigilant, Ready - SOF Component VJTF - Noble Jump 15.Foto: Irek Dorożański

Posted by Zjednoczeni zwyciężymy on 2015年6月16日
Noble Jump 演習は、「高度即応統合任務部隊 (VJTF: Very High Readiness Joint Task Force) 」と呼ばれるコンセプトの下でおこなわる演習で、NATO によるこの種の演習としては初めての試み。
この VJTF は、昨年春のロシアによるクリミア併合と、その後におこなわれたウクライナ東部への介入を背景に、同年 9 月の NATO 首脳会合の席で合意に至った「即応性行動計画 (RAP: Readiness Action Plan) 」に基づき創設されたもの。完全新規の創設部隊ではなく、NATO 加盟諸国から供出された部隊で構成されている。

「NATO 即応部隊 (NRF) 」の一部を強化することで対応し、決定から最短数日 (2 ~ 3 日) で派遣を可能とする。「先遣部隊 (Spearhead Forces) 」とも称される部隊の規模は 5,000 名程度が想定されている。

なお、VJTF は、2016 年 7 月に予定される次の NTO 首脳会合において、その正式な作戦能力達成が宣言される予定にある。

また NATO では、公式 Flickr において Noble Jump 2015 のギャラリーを公開中。
https://www.flickr.com/groups/noblejump15/
https://www.flickr.com/photos/shapenato/sets/72157651783164536/

NATO 2015/05/19
Japan MOFA 2014/09/08
NIDS News 2015/05

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か (2017-04-27 13:17)
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop