NEWS

ロシア将来個人戦闘装備システム「Ratnik」に「6V7M」「6V7M1」対物狙撃銃が追加

海外軍事
国際軍事専門誌IHSジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは、中央精密機械建造研究所(TSNIITOCHMASH)が開発・生産を行っている「将来個人戦闘装備システム ラトニク」の装備に12.7mm狙撃銃「6V7M」「6V7M1」が追加されると報じた。
関係者によれば12.7mm狙撃銃「6V7M」「6V7M1」は既に国家試験をクリアしており、正式採用の承認を待つばかりであるという。「6V7M1」は「6V7M」のショートモデルとされているが重量は11kg弱である。「6V7M」「6V7M1」共に発射機構はボルトアクション方式でブルパップ方式を採用しているのが最大の特徴である。使用弾は12.7x108mmで弾倉には5発入る。両銃共に3-12x 1P88-2光学照準器を備え、夜間戦闘用に1PN139 サーマルサイトに換装可能であるという。有効射程は1~1.5km前後され、装着されたマズルブレーキによる反動を低減したと関係者は主張している。

12.7mm狙撃銃「6V7M」「6V7M1」の基礎となったのは、デグチャレフ名誉工場が開発したASVKである。元々はKSVK(コヴロフ大口径狙撃銃)と呼称されていたが、2013年にロシア連邦軍に正式採用されたことを受け、ASVK(軍用大口径狙撃銃)へと改名された。

IHS Jane's 360 2015/06/24
Text: WT83 - FM201507

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop