NEWS

米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる

海外軍事
アメリカ軍は新制式拳銃MHS(試作ナンバー:XM-17)の選定を進めているが、これと併せて採用される弾薬について、従来から使用しているフルメタルジャケット(FMJ)以外の特殊(special purpose)な弾頭についても選択肢に含めることを2015年7月8日、銃器メーカー各社と意見を交換する第4回目のIndustry dayにおいて明らかにした。

関連記事:
米陸軍の次期制式拳銃「XM17」MHS は今年中に候補が出揃い、2018 年までに採用予定

アメリカは1899年の「ダムダム弾の禁止に関するハーグ宣言」に調印していないが、国防総省ではこれに準じたガイドラインを設定していた。このため軍では小銃・拳銃とも弾頭が鉛の弾芯が銅で完全に覆われたFMJ弾を使用しており、ジャケテッド・ホローポイント(JHP)弾など鉛の露出したものの使用は対テロ作戦など非正規戦闘で特に許可された場合に限ってきた。今回の発表はこの運用について大きな転換が行われたことを示唆している。

アメリカ軍の軍法務部長のリチャード・ジャクソンはIndustry Dayにて、アメリカ国内の警察・司法機関ではJHP弾が多く使用されていることにふれ、こうした特殊な弾頭の採用によってより精密で強力な拳銃を提供できるとコメントした。

特殊弾頭の許容はまた、XM-17の選択肢が大きく広がったことも意味している。FMJ弾はJHP弾と比べ人体への破壊力が小さく、そもそも9mmという口径についてもパワー不足を指摘する声は大きい。アフガニスタンやイラク派遣組からも威力不足を指摘されており、XM-17では.40や.45などより大口径が採用されると予測する業界関係者もいる。

鉛の弾芯が一部露出したJHP弾は体内に入ると変形し、大きなダメージを与えることができる。このため口径を変更せずとも計画されている10%以上の威力向上を達成できる。従来の弾丸も使用できるため、補給の面でも大きなメリットがある。

9mmのFMJ弾とHP弾の破壊力比較動画。FMJ弾があまり変形することなくスイカを貫通するのに対し、HP弾は中で大きく減速しエネルギーを放出する。このため、HP弾の場合はスイカが一度大きく膨らむ。
2015年4月、M4小銃用の5.56mm弾について陸軍はM815A1を、海兵隊はM815とMk318 Mod 0を使用していることが、調達コストを増加しているとして議会で取り上げられた。XM-17も既に予算の縮小を求められており、大きなコスト増となる口径の変更は避けられる可能性が高まった。

9mmという口径への再評価が進みつつあるのも軍の背中を押したようだ。従来は高初速・大重量の弾頭の運動エネルギーによって目標をノックダウンする「ストッピングパワー」が重視され、特にアメリカでは.45口径が「信仰」を集めてきた。

しかしFBIの研究機関が2014年にまとめた報告書では、相手の無力化において重要なのは中枢神経の破壊や臓器からの大量出血であり、必要なのは体内にとどく十分な貫通力とshot placement(当てること、命中部位)と分析。反動の大きさ、命中率、携行弾数、銃へのダメージを考えると9mmに分があり、大口径弾のストッピングパワーは「神話」にすぎないと結論している。

多くの有名インストラクターも9mmを支持しており、元デルタ隊員で大の「.45党」として知られるラリー・ヴィッカーズ氏も「ホローポイントであれば9mmでも可」としている。

ここ20年の間に拳銃の性能は大きく高まり、戦闘における役割も変化してきている。1986年のベレッタ・M9の採用はエポックメイキングなものであったが、今回のXM-17に何が採用されるのかも銃器史の未来を占う上で重要なものになることは間違いない。

Sources:
Army looks for new pistol | Article | The United States Army
FBI 9MM Justification, FBI Training Division | LooseRounds.com
.45 ACP vs 9mm: 14 Experts Give Their Answers
Image: File:Federal 9mm hollow point.jpg - Wikipedia, the free encyclopedia

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201507
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop