NEWS

米軍 レンジャー課程に進むシールズ

海外軍事

Photo Credit: U.S. Army photo
Image is for illustration purposes only.
レンジャー課程に進むシールズ (SEALs) などと聞いて、疑問に思うかもしれない。レンジャーとは陸軍の一部であり、その養成課程に海軍のシールズが参加することができるのだろうか。

多くの人が勘違いしているのは、陸軍のレンジャー部隊とその養成課程であるレンジャースクールとは、まったく別の組織なのである。従って、シールズだけでなく、JTACやリーコンなどもレンジャー課程に進むことはよくあることなのである。むしろ、陸・海・空・海兵隊の特殊部隊同士の「一体感」を養生することができる、とても有効な場所であるといえる。
レンジャー課程は、約60日間の3段階(選抜・山岳訓練・小規模部隊戦術)の課程である。この課程の特殊な点は、訓練のすべてのシーンで、「リーダーシップ」を兵士に指導する点である。

あるシールズの兵士は、戦地に派遣される3ヶ月ほど前に、上官からレンジャー課程に進むように命令された。すでにシールズの選抜訓練を潜り抜けてきた兵士にとって、レンジャー課程の肉体的な苦しさはまったくなかった。そのため、レンジャー課程の「リーダーシップ」の指導の内容が、非常に理解できたそうである。また、陸軍の行動原理を理解することができ、その後、戦地でのグリーンベレーなどの特殊部隊との共同作戦なども非常にスムーズに行うことができたそうである。

SOFREP 2015/07/28
Text: 友清仁 - FM201508

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か (2017-04-27 13:17)
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop