NEWS

カナダ特殊部隊 (CANSOFCOM) から 2018 年にもハンヴィーが退役か。後継車両「NGFV」の調達を計画

海外軍事
中東・北アフリカにおけるイスラム武装勢力の対策に取り組むカナダ軍特殊作戦コマンド (CANSOFCOM: Canadian Special Operations Forces Command) は、次世代の戦闘車両「NGFV (Next Generation Fighting Vehicle) 」計画を検討している。

NGFV 計画は、最大で 2 億 4,900 万カナダドル (= 約 226 億円) の案件で、2018 年にも契約がおこなわれる予定。契約の履行に併行して CANSOFCOM 下にある現行 HMMWV (High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicles) の退役が進められる予定にある。

関連記事:
米陸軍のハンヴィー後継車両「JLTV」に、オシュコシュ社の「L-ATV」が選定。
カナダ軍特殊部隊向けハンビー代替車輌 100 両の調達計画

NGFV 計画については既に幾つかの企業が関心を寄せている。

ゼネラル・ダイナミックス ランドシステムズ カナダ (GDLS-C: General Dynamics Land Systems Canada, London, Ontario) では、同社の「オセロット (Ocelot), 英軍「フォックスハウンド (Foxhound) 」 車両が CANSOFCOM の要求に合致するか試みている。

また、同じく NGFV 計画に関心を示した特殊部隊向け車輌「シェルパ (Sherpa) 」を擁するマック・ディフェンス (Mack Defense, Allentown, Pennsylvania) 社は CANSOFCOM の要求仕様待ちとして構えている。

Defense News 2015/08/29

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)
 アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開 (2017-04-19 17:56)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop