NEWS

「10月24日は特殊任務部隊 (Spetsnaz) の日」、ロシア国防省がトレーラーを公開

海外軍事
ロシア国防省はYouTubeにおける公式チャンネルにて「10月24日は特殊任務部隊の日」と題した動画を公開した。

この動画ではロシア連邦軍に所属する特殊部隊が、ラペリング技能、狙撃技能、ハイジャック対策訓練、テロリストに占拠された建物の制圧訓練、ヘリコプターに搭乗し敵地への潜入任務訓練に従事する勇ましい光景を捉えた動画である。
この10月24日は1950年に第二次世界大戦における特殊部隊の活躍を高く評価したジューコフ国防相が参謀本部情報総局(GRU)の指揮下に特殊任務中隊を創設する命令を下したことで、ソ連軍の軍事用語に「特殊任務部隊(スペツナズ)」ということ言葉が誕生した瞬間でもあった。

2006年5月31日付けの大統領令により、10月24日は特殊任務部隊が誕生した日として認定され「特殊任務部隊の日」として祝日とするようにとの令名が下り、ソ連・ロシア連邦軍のみならず、連邦保安庁・内務省等に所属する特殊部隊もこの日を祝日して祝っている。

なぜなら全ての特殊部隊は10月24日にルーツを持つのであり、スペツナズという言葉がこの世に生を受けたのは10月24日だからである。

Минобороны России 2015/10/23
Text: WT83 - FM201511

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop