NEWS

ロシア、対人型 "スマート" 地雷「メダリオン (Медальон) POM-3 」を開発

海外軍事
ロシアの武器メーカーが全く新しいアイデアの下、対人型 "スマート" 地雷「メダリオン (Медальон) 」を開発した。(メダリオンは第二の名前「POM-3 (ПОМ-3) 」を持っている)

メダリオン POM-3 の最大の特徴は「電子頭脳チップ (ナノ・ブレイン) 」の搭載が挙げられている。これによって武装した敵にのみ起爆するとし、一般市民との区別が出来る他、アフガニスタンなどでも散発していた、野生動物を対象とする誤爆にも対応できるという。

メダリオン POM-3 の諸元は以下の通り。

重量: 1.3 キログラム
動作温度範囲: 摂氏 -40 度~ +50 度
子爆発体の数: 1,850 個
対人有効距離: 半径 8 メートル
致傷範囲 (非防護時) : 13 メートル以上
保存可能期間: 11 年

メダリオン POM-3 は既にフィールド試験をパスしており、近くロシア連邦軍へ向けて配備される予定。

Телеканал ЗВЕЗДА 2015/11/12
Sputnik 2015/11/20
3 World-War 2015/11/12


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop