国内最大級の全天候型サバゲフィールド「MEGA G3」が東京・立川の商業施設内に 2/5 オープン

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
国内最大級を謳う全天候型 (インドア) サバゲーフィールド「MEGA (Maximum Exciting Game Airsoft) G3」が、東京・立川に 2016 年 2 月 5 日にオープンする事が分かった。立川駅から徒歩 5 分、商業施設の 7F フロア全てがフィールドとなり、その面積は約 1,200 平方メートル (=約 363 坪) に及ぶ。最長 50 メートルの距離をとることが可能とのことで、屋内フィールドながらも、スナイパーの活躍も可能だ。

サバイバルゲーム業界注目のこのホットな話題は、ミリブロ内のスミソン@SAS相模原氏のブログ上で刻々と情報開示がおこなわれてきた。
スミログ 〜 MEGA G3 ただいま準備中。
http://sgmallstars.militaryblog.jp/
そして本日公開された最新情報によると、MEGA G3 のプロデューサーであり運営を手掛ける「合同会社ガン・ガン・ガン」の代表に格闘家・前田日明氏の就任が発表され、併せてフィールド公式サイトが公開された。

今まで「立川市曙町」とだけ記載されていた所在地も、公式サイトの発表に合わせる格好でその詳細が公開されている。

エアソフター、サバイバルゲーマーのホットスポットになる可能性を秘めた西東京エリアに注目が集まる。

スミソン@SAS相模原 2015/12/24

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop