ロシア Jupiter Optics 社の AK シリーズ用ホロサイト「Valdai PG-210」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
2015年10月にモスクワで開催された防衛産業国際展示会「Kubinka」で、ロシアのノヴゴロド州ヴァルダイに本社を構える光学機器メーカー:Jupiter Optics 社が、ホログラフィックサイト『 Valdai PG-210 』を発表した。同社は、自動車用精密部品やカメラ用レンズなども手掛けているが、軍隊向けの製品を中心に開発・生産を行っており、2000年代にはナイトビジョン分野で世界最大の生産量を誇っていたロシアで有数の軍需企業である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    『 Valdai PG-210 』は、AKライフルシリーズ用に開発された等倍ホログラフィックサイトで、視差範囲は100~300メートルでの使用を前提に設計されている(EOTech ホロサイトは約50~100メートルの範囲)。レチクル輝度は、昼夜を問わず使用できる9段階(4 night & 5 day)備えており、NVGにも対応している。また、レチクルは可変式で、距離に応じてサイズと形状が任意で変えられるようだ。バッテリーは単三電池1本を使用し、平均輝度値で2000時間以上可動するとしている。ピカティニーレールマウント仕様。

    ●動作温度:-40~50℃
    ●防水:水深2メートルで1時間
    ●ウィンドウサイズ:25mm X 25mm 視野角12°
    ●外寸:133mm X 80mm X 53mm
    ●重量:297g

    参考動画(1:19辺り)

    参考動画(8:46辺り)

    Sputnik News 2015/10/10
    Text: 弓削島一樹 - FM201601

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
     各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散 (2017-08-22 14:24)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売 (2017-08-21 21:26)
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop