NEWS

Team Wendy、ミリタリー部門に米空軍で最も長期間パラレスキューに従事した退役軍人を招聘

海外軍事

Team Wendy would like to welcome CMSgt (ret) Paul Koester as our new Military Market Manager. “Paul’s years of...

Posted by Team Wendy on 2016年1月4日
先進の戦闘ヘルメット開発で知られるチーム・ウェンディ (Team Wendy) は、同社ミリタリー部門のマーケット・マネージャーに、元・米空軍最上級曹長 (CMSgt: Chief Master Sergeant [E-9] ) のポール・コエスター (Paul Koester) 氏を迎えると発表した。同氏は米空軍で最も長期間に渡ってパラレスキューに従事した人物。
Chief Master Sgt. Paul Koester (back row, far left) deployed to the Khyber Pass, Afghanistan, to facilitate operations between the Afghans, Pakistanis and U.S. forces.
コエスター氏は、41 年間に及ぶ空軍での戦闘管制員 (CCT: Combat Controller)、パラレスキュー隊員としての生活にピリオドを打ち、2015 年に退役。

空軍特殊作戦コマンド (AFSOC: Air Force Special Operations Command)、太平洋空軍 (PACAF: Pacific Air Forces) のパラレスキュー機能管理者、パーソネル・パラシュート計画管理者、コマンド・ダイバーとして従事し、ネバダ州ラスベガスにあるネリス空軍基地の第 58 救難飛行隊 (58 RQS, Rescue Squadron) でチーフ入隊マネージャーとして、その軍歴を終えている。

1,000 回以上のジャンプ実績を持つ「マスター・パラシューティスト」で、海軍海上戦闘センター (NSWC: Naval Surface Warfare Center) / クレーン (CRANE) とスナイパーライフル認定造兵廠の選抜射手インストラクターでもある。

Team Wendy official FaceBook 2016/01/05

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop