NEWS

米海軍、予算削減を背景に特殊作戦をサポートする 1 個飛行隊「HSC-84」の閉鎖を決定

海外軍事
米海軍は予算削減を背景に、1 年以上に渡り議論をおこなった末、特殊作戦の支援を担う 2 個ヘリコプター飛行隊の内の 1 つの閉鎖を決めた。軍事情報サイト Navy Times が伝えた。

今年 3 月に閉鎖されることになったのは、東海岸、バージニア州ノーフォークの HSC-84 (Helicopter Sea Combat) "レッド・ウルブス (Red Wolves)"。一方の西海岸、カリフォルニア州サンディエゴを拠点とする HSC-85 "ファイアーホークス (Firehawks)" は存続する。HSC-84 が保有する使い古した機体については、西海岸へ移されるか、またはアリゾナ州にある海軍の廃棄場へ送られる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    HSC-84 は HSC-85 と共に、古参の機体を使い 10 年に渡って秘匿のミッションに参加してきた。これまでのディプロイメントの中で、殊勲飛行十字章 × 3、青銅星章 × 13、戦闘時の功績を意味する「V デバイス」付きの航空章 × 120 をはじめとした輝かしい実績を引き下げている。

    Navy Times 2016/01/02

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop