NEWS

米海軍、予算削減を背景に特殊作戦をサポートする 1 個飛行隊「HSC-84」の閉鎖を決定

海外軍事
米海軍は予算削減を背景に、1 年以上に渡り議論をおこなった末、特殊作戦の支援を担う 2 個ヘリコプター飛行隊の内の 1 つの閉鎖を決めた。軍事情報サイト Navy Times が伝えた。

今年 3 月に閉鎖されることになったのは、東海岸、バージニア州ノーフォークの HSC-84 (Helicopter Sea Combat) "レッド・ウルブス (Red Wolves)"。一方の西海岸、カリフォルニア州サンディエゴを拠点とする HSC-85 "ファイアーホークス (Firehawks)" は存続する。HSC-84 が保有する使い古した機体については、西海岸へ移されるか、またはアリゾナ州にある海軍の廃棄場へ送られる。
HSC-84 は HSC-85 と共に、古参の機体を使い 10 年に渡って秘匿のミッションに参加してきた。これまでのディプロイメントの中で、殊勲飛行十字章 × 3、青銅星章 × 13、戦闘時の功績を意味する「V デバイス」付きの航空章 × 120 をはじめとした輝かしい実績を引き下げている。

Navy Times 2016/01/02

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か
米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」
アイウェアが最新 HUD に早変わり、米軍「HD Glass」プロトタイプは第 2 フェーズへ
ビン・ラディン急襲作戦で ST6 と共に戦った軍用犬「カイロ (Cairo) 」の募金活動が開始
カナダ軍、バイオニック・ニーブレース「アップショット (UpShot) 」のフィールドテストを実施
オリンピック開催に向けて駅での対テロ訓練に取り組むブラジル特殊部隊の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か (2016-07-27 12:49)
 米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」 (2016-07-27 00:42)
 アイウェアが最新 HUD に早変わり、米軍「HD Glass」プロトタイプは第 2 フェーズへ (2016-07-26 16:29)
 ビン・ラディン急襲作戦で ST6 と共に戦った軍用犬「カイロ (Cairo) 」の募金活動が開始 (2016-07-25 20:34)
 カナダ軍、バイオニック・ニーブレース「アップショット (UpShot) 」のフィールドテストを実施 (2016-07-25 14:23)
 オリンピック開催に向けて駅での対テロ訓練に取り組むブラジル特殊部隊の映像 (2016-07-22 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop