NEWS

「中国の兵士は目潰し用のレーザー銃を持っている」米保守系ニュースが「条約違反」を提起

海外軍事
中国人民解放軍 (PLA: Chinese People's Liberation Army) の兵士が、新たな携行型のレーザー兵器を持っている可能性がある。PLA 機関紙「チャイナ・ミリタリー・オンライン (China Military Online) 」による昨年 12 月 9 日付の投稿をソースに、米国の保守系ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン (Washington Free Beacon) 」が報じた。

提示された写真は、中国国内で 12 月初旬に開催された「警察」向け展示会に出展されたもの。外観上は一般的な小銃の形状をしており、レール実装による拡張性を持っていることが分かる。カメラやセンサー類を攻撃するものだが、目視すれば失明することは容易に推察できる。

関連記事:
中国の新型レーザー兵器がテレビに登場 パパラッチのドローンを撃退する究極の手段
中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発
中国によるレーザー銃については過去にも確認されており、この数年で国産モデルのアップデートを図っていたことが裏付けされた格好になった模様。

ワシントン・フリービーコンは、中国が 1998 年に批准した「特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW: Certain Conventional Weapons) 」の「目潰し用レーザー兵器」の禁止を謳う項目において違反していることを報じている。

Washington Free Beacon 2015/12/22
China Military Online 2015/12/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か
米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」
アイウェアが最新 HUD に早変わり、米軍「HD Glass」プロトタイプは第 2 フェーズへ
ビン・ラディン急襲作戦で ST6 と共に戦った軍用犬「カイロ (Cairo) 」の募金活動が開始
カナダ軍、バイオニック・ニーブレース「アップショット (UpShot) 」のフィールドテストを実施
オリンピック開催に向けて駅での対テロ訓練に取り組むブラジル特殊部隊の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か (2016-07-27 12:49)
 米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」 (2016-07-27 00:42)
 アイウェアが最新 HUD に早変わり、米軍「HD Glass」プロトタイプは第 2 フェーズへ (2016-07-26 16:29)
 ビン・ラディン急襲作戦で ST6 と共に戦った軍用犬「カイロ (Cairo) 」の募金活動が開始 (2016-07-25 20:34)
 カナダ軍、バイオニック・ニーブレース「アップショット (UpShot) 」のフィールドテストを実施 (2016-07-25 14:23)
 オリンピック開催に向けて駅での対テロ訓練に取り組むブラジル特殊部隊の映像 (2016-07-22 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop