NEWS

「中国の兵士は目潰し用のレーザー銃を持っている」米保守系ニュースが「条約違反」を提起

海外軍事
中国人民解放軍 (PLA: Chinese People's Liberation Army) の兵士が、新たな携行型のレーザー兵器を持っている可能性がある。PLA 機関紙「チャイナ・ミリタリー・オンライン (China Military Online) 」による昨年 12 月 9 日付の投稿をソースに、米国の保守系ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン (Washington Free Beacon) 」が報じた。

提示された写真は、中国国内で 12 月初旬に開催された「警察」向け展示会に出展されたもの。外観上は一般的な小銃の形状をしており、レール実装による拡張性を持っていることが分かる。カメラやセンサー類を攻撃するものだが、目視すれば失明することは容易に推察できる。

関連記事:
中国の新型レーザー兵器がテレビに登場 パパラッチのドローンを撃退する究極の手段
中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    中国によるレーザー銃については過去にも確認されており、この数年で国産モデルのアップデートを図っていたことが裏付けされた格好になった模様。

    ワシントン・フリービーコンは、中国が 1998 年に批准した「特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW: Certain Conventional Weapons) 」の「目潰し用レーザー兵器」の禁止を謳う項目において違反していることを報じている。

    Washington Free Beacon 2015/12/22
    China Military Online 2015/12/09

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop