NEWS

「中国の兵士は目潰し用のレーザー銃を持っている」米保守系ニュースが「条約違反」を提起

海外軍事
中国人民解放軍 (PLA: Chinese People's Liberation Army) の兵士が、新たな携行型のレーザー兵器を持っている可能性がある。PLA 機関紙「チャイナ・ミリタリー・オンライン (China Military Online) 」による昨年 12 月 9 日付の投稿をソースに、米国の保守系ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン (Washington Free Beacon) 」が報じた。

提示された写真は、中国国内で 12 月初旬に開催された「警察」向け展示会に出展されたもの。外観上は一般的な小銃の形状をしており、レール実装による拡張性を持っていることが分かる。カメラやセンサー類を攻撃するものだが、目視すれば失明することは容易に推察できる。

関連記事:
中国の新型レーザー兵器がテレビに登場 パパラッチのドローンを撃退する究極の手段
中国工程物理研究院が、小型無人機を迎撃できるレーザー兵器を開発
中国によるレーザー銃については過去にも確認されており、この数年で国産モデルのアップデートを図っていたことが裏付けされた格好になった模様。

ワシントン・フリービーコンは、中国が 1998 年に批准した「特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW: Certain Conventional Weapons) 」の「目潰し用レーザー兵器」の禁止を謳う項目において違反していることを報じている。

Washington Free Beacon 2015/12/22
China Military Online 2015/12/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッケラー&コッホ社、サウジアラビア向け G36 部品の輸出承認を巡る行政訴訟でドイツ政府に勝利
2018 年での実現は?米軍の次世代「アイアンマン」構想
フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加
米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像
カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入
クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッケラー&コッホ社、サウジアラビア向け G36 部品の輸出承認を巡る行政訴訟でドイツ政府に勝利 (2016-06-27 16:17)
 2018 年での実現は?米軍の次世代「アイアンマン」構想 (2016-06-27 14:24)
 フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加 (2016-06-24 14:46)
 米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像 (2016-06-24 13:05)
 カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入 (2016-06-23 13:16)
 クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講 (2016-06-22 18:04)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop